記事一覧

研修22日目(タクセン編)

既にお伝えしたように地理試験

何とかクリアです

ふう。。。

ビールがンマイ 笑


地理試験のボリュームの多さには

最後の最後まで苦戦しました

実は昨日なんて、パニクってました

比喩では無くて、不甲斐ない自分の脳みそが情けなくて泣きながら勉強してました

特に交差点は最後までロクに覚えられず

結局は語呂合わせがメインに

ただ、地理試験は

『受かれば良い』

受かる為の勉強で良いと思ってました

とは言え、俺みたいに地理知識ゼロから始めた人間にとっては有益な情報を詰め込めた事は間違いなくプラスだと思ってます
(これから数日経過する内にガンガン忘れるとしても、ゼロに戻る事は無いでしょう)

これでメシを食うって人間にとっては必要な時間だったと思ってます

特に俺は根性無いのですが、俺みたいに根性無い人間でも、無いなりに知恵絞って苦境を打開しなければならない場面は営業中にも沢山出てくるハズですからね

俺はバカなんだ→ではどうする→バカでも覚えるやり方を編み出そう→バカ専用暗記法の確立

これが大事なんでしょうね

俺はバカなんだ→バカだから諦めよっと

本当、こんな奴ですからね
『でした』ではなく今もそうです

でも、今回ばかりは悩みに悩んで自分で選択した道だったから
『やーめた』
は出来なかった。それも良かったんでしょうね

今でもの仕事も勿論、自分で決めてきましたが
『金が良いから、ラクそうだから』
みたいに不真面目でした。
『家庭もあるから、金が良い仕事じゃないとダメだ』
みたいに、ともすれば家族の責任にして仕事決めてたのかもしれません

あと、1番の収穫は

『助け合い、横の繋がり』

という意識が芽生えた事

『タクシーやれば、煩わしい人間関係から解放される』

この思いは少なからずありました
今でもあります

恐らく認識が合ってる部分もあると思います
例えばくだらない上司と毎日顔を合わせなくて済むとかは、人間らしく生きて行くには甘えでも何でも無くて大切な事だと思います
※この場合『極端にくだらない人間』を指します

ただ、一匹狼で独学でどこまでやれるか!?

正直難しいと思います

奥が深すぎますよね、タクシーは

それが面白さでもあるんでしょうけれどね

なので

『意図的に孤立を好む者』

にとっては、前述の恩恵は受けつつも、苦しむ場面も多くなるんだろうなと

こんな達観モードで書いてますが

俺自身が

『意図的に孤立を好む者』

です
※これも現在進行形ですね

気の合わない人間と過ごす時間ほど無駄な時間は無いと思ってます
思ってました

そんな俺が、今回の地理試験で得たものは

合格証だけではなくて

『仲間意識』

なのかもしれません



くっさーーー 笑


いや、でも、本当にそう思ったんですよね


接客業辞めてIT業界に入ってからは困ってる人を見ても

『フーーーン、で?』

ってなってましたからね

これから感情のリハビリ開始って感じかもしれません


スポンサードリンク

コメント

タクドラにとって仲間は大切です!
たくさん仲間いた方がいいですよ!
特に同期とは仲良くなってくださいね。

ほとんどの人は同期の人たちとLINEグループで、どこの乗り場は流れがいいよ、とか、どこのホテルは車両切れでお客が行列だよ、とか、どこそこでスピード違反の取締りやってるよ、とかリアルタイムに情報交換しながら仕事してますよ。
この情報、あるのとないとで、仕事の効率大違い、よく仲間に助けられてます!
たまには、合間に一緒にランチしたり、楽しいですよ!

じゅんきちさんへ

コメントありがとうございます

やはりそうですよね
私も、個々の力では限界を感じており、お互いの為にも情報共有をしていこうと働きかけてはいるのですが。
当然と言えば当然ですが、まだ何の実績も無い私の呼び掛けに反応はイマイチです 笑

まあ、まだ社内研修は残ってますので、コミュニケーション取りつつ少しずつ提案していこうと思ってます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: