記事一覧

LINEグループ

俺はタクシー運転手になる前は

LINEもツイッターもやってませんでした

更に言えば、このブログも運転手になる数ヶ月前から始めました

正直、面倒くさいんですよね

現実の人との関わりすら苦手なのに

なぜネット上でも?

というのがありました


が、LINEに関してはタクシー運転手を始める上で有効なツールだなと

これはブログで知り合って、今でも連絡取っている現役運転手さんからのアドバイスでした

確かに

『●●ホテルでバンケット終わってお客様沢山いるぜ〜』

みたいな情報、たまたま近くに居たら

お、行くか!

ってなりますもんね

俺は、言うなれば

それくらいの情報で良いと思うんですよ

他にも

『●●で事故・工事でクソ混んでまっせ〜』

とかね

その情報により、売り上げが大きく変わるとか

そんな凄い情報ならば回さないでしょ、人間て

それで自分が損するとか得するとか

金取ってナンボのレベルの情報は回さない

俺は株とかそういった類は一切手を出して無いのですが、ああいうのも情報が命でしょうからね


ただ、我々のお仕事はタクシー運転手

その情報のレベルによるけれど

上にも挙げたような

『●●ホテルでバンケット終わった様子』

みたいな情報ってさ、車1台でやってる我々のような仕事ならば

出し惜しみする必要って無いのではないかと思ってるんですよね

これが2台、3台自分のタクシーを遠隔操作出来るというのであれば話は変わりますけどね


という事もあり、俺はとにかく情報共有をしていけたら

って趣旨でLINEグループをやってるのですが

やはり、これは考え甘いのかな?


この自分が始めたLINEグループ自体は特に何も問題無く

まったりと雑談も交えてやってたのですが


もう1つのLINEグループは

言うなれば

プロ仕様

というか

売り上げが凄い人達で構成されたグループなんですね

隔勤ならば8万は当たり前

9〜10万やってる人達

ナイトならば5〜6万

精鋭部隊のグループ

つい先ほど、こちらのグループを抜けました


理由は
・レベルの高さに付いていけない

まず、これが8割

自分がいくら頑張っても追いつけないレベルの高さ


この仕事は誰かに勝つとか負けるとかでは無いけれど

とはいえ、自分が情けなくなる

惨めに思えてくる

どうしても比べてしまう


まあ、それが嫌で逃げたら、それはそれで情けなく惨めなんですけどね


残り2割は、情報共有の点


これは出来る人からすれば

『何で良い情報を無償で提供しなければならないのか?』

って事になるんでしょうけれど

俺はそうやっていきたくて始めたLINEグループがあって

そっちはそっちで機能してるんですよね


情報は命であり金になるもの

確かにそうなのかもしれないけれど

その情報のレベルにもよるけれど

それを共有しないのであれば

同じグループに居る意味は無いのではないか?

と、俺は思いました


要は、俺自身がその凄い人達のレベルに達する事が出来なかった

という事ですね


自分と同じくらいの人達と情報共有しつつ

やっていけたらと思います


自分がもう少し出来る人間にならないとね




更新の励みになりますので以下のランキングバナーをポチっとしてくれたら嬉しいです。
タクシー会社に連絡する前に相談や不安がある方はredcarp.helmet@gmail.comまで連絡お願いします
※メールフォームが不調の為
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

東京都の有名大手タクシー 無料転職支援サービス【タクQ】

スポンサードリンク

コメント

Re:LINEグループ

先日、LINEの業績発表がありましたね。
そして、私の現状での業績は、
<厳しいぞい>
そんな私にとってのLINEは、
  仕事用;抜けました
  身内;重宝
  其の他;最低限
そんな感じですね。
友達リクエストには、要注意。

ゴマちゃんへ

コメントありがとうございます

使い方は人それぞれですねー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク