記事一覧

タクシー会社の選び方

これからタクドラになろうかな〜

なんて方は、まずここからですよね

結論から先に言うと

『どこも大差無い』

だと思います


元々は小指無い人やモンモン入った人達がやってた商売ですからね

クリーンさを求めてはいけません

タクシーの運ちゃんは今も昔もタクシーの運ちゃんなのです

社会的地位もありません

底辺とまでは思わない、思いたく無いけれど

まあ、底辺寄りなのは間違い無い

そんな業界に、あれやこれや求めるのは無粋というかね

まだそんな社会的地位とか自分より年下の客に怒鳴られたく無いだの

そんな事考えてるならば回れ右してさよーなら


ここからは回れ右しなかった方々へ


◆給料

歩合率は会社により結構まちまちなようです

足キリをクリアするのが前提で言うと

60〜62%

これくらいが一般的?

噂では更に高い歩合率の会社もあるようですが

そういうところはカードの手数料をドライバー負担にしたり

制服の貸し出し料みたいなのがこっそり引かれてたり

なかなかせこい技を使って調整されてたりするようです

もうね、この業界はそういうところです

不透明・グレー

これらの言葉がしっくり来る業界です


◆保証給

これもまちまち

半年間40万給与保証!!

もっと高い所もあるかもしれません

これもね、結構クセもので

実際入ってみると

・13出番固定
・営業回数30回以上
・走行距離280キロ以上

みたいに、条件付きだったりする会社もあるとの事

『え!話違うじゃん!』


※当社規定による


これがハナクソみたいに小さな字で書いてあったりするのを見つけた時には後のカーニバル


こういうインチキまがいな事をしてるから

いつまで経ってもこの業界のイメージが上がらない

前回の記事に書いたように

煩わしい人間関係から解放されたりするって胸張れるメリットもあるんだからさ

姑息な事すんなってんだよね

因みにウチの会社は11出番(4月と9月だけ12出番)

さえクリアしてれば保証給は貰えます

たかだか32万とかですけどね

新人で11出番で保証給以上をクリアってのは少し難しいかもですが

12〜13出番乗れば新人でもクリア出来ますし

俺みたいに

『よーし、保証されるんならサボろ〜w』

ってのも全然アリ

保証明けてから苦労するけど、そん時考えりゃ良いじゃん

ラク出来る時はラクしようぜ



◆人間関係

新人のうちは周りから色々言われるかもしれませんが、それもすぐ終わります

基本

勝手に出て無事に帰って来いよ〜

ってのがタクシー会社の管理者側の本音でしょう

おっはー→点呼→仕事→帰庫→納金→洗車→ばいちゃ

これの繰り返しです

会社では誰とも話す事無いのがデフォルト

ウザいのが絡んで来たら恫喝

これでオッケー

人それぞれなんだろうけど、変に深く関わって揉める人の話も聞きます

基本、変なの多いからねタクドラは

仲良くするも良し、一匹オオカミでも良し

これも自由です

この人は!って人と仲良くしてれば良いかなと思います


◆4社

いわゆる

大・日本・帝・国

俺はこのどれかに所属してますが

俺が会社選びの時に説明会でよく

『4社チケットが多くて有利です!』

なんて事を言われたんですが

実際働いてみて

そこまでかぁ?

ってのが素直な感想です

4チケなんて3出番で1枚あるか無いかだしなぁ俺は

まあ、これも乗り方次第なんでしょうけれどね

4チケ出やすい場所とかもあるでしょうし
※知ってる人は教エロ下さい

とまあ、非4社でも使えるチケットの方が世の中圧倒的に普及してるワケで

4社チケットの有無だけで4社へってのはどうかな?と思います

が、やはりネームバリューというかね

4社しかワシゃ乗らん!

みたいな人が多いのは事実です

特に桜にNの所はファンが多いですね

いつも恨めしそうに迎車の大群を横目に去って行く俺です

とはいえウチでも結構選んで乗って貰えたりしますからね

4社と言っても、その2社と残りの2社とでは結構な差があるのでは無いかな
あくまでも感覚な話ですみませんが


ワシゃ4社しか乗らん→490円

なんて事もありますけど…


あと、4社には

本体とグループ

というものがあります

本体てのは、本社直営の営業所

グループってのは、元はなんちゃら交通みたいな会社が合併して4社の行灯付けてます

どっちが良いか悪いかってのは正直分かりませんが

ウチに関して言えばグループの方が何かと縛りが緩い気がします

この仕事は人の命を預かるものなので

俺は本体の縛りがきついくらいが良いかなとは思いますが、これも人それぞれでしょうね

一般的に

4社本体>4社グループ>非4社>マイナー系会社

こんな感じになるのでしょうかね

口うるさく言われる度合いは


口うるさいと書くとマイナスなイメージですが

それだけ教育体制もシッカリしている

とも取れます

その辺りもご自身の性格に合わせて会社を選ぶと良いかもしれません

結局、会社名で考えるよりは営業所のカラーを確認しに自らの足使って行く方が良いです

営業所により全然違います

本当はそれじゃダメなんだろうけど、まぁ、タクシー会社なんてそんなもんす


◆無線

タクドラ希望の方とお会いする機会が何度かあって、その時に出る質問でコレ多いです

無線は良く鳴りますか?

コレも確かに会社選ぶ際の判断基準としてはアリなのでしょうけれど

ここからは個人的見解(というか、このブログ全て個人的見解と偏見ですが)ですけれど


『どっちでも良い、ど〜でも良い』

です

『無線が鳴りまくれば稼げるだろう』


恐らく、この業界を知らない人はそう勘違いしてる方が多いようですが

否!

リズムが狂わされる事が多いのです



例えばですが…

雨の日、どこ行ってもお客様が手を挙げてる中で無線が鳴ったとしましょう

その多数のお客様をスルーして呼ばれた場所へ迎車で進行するわけです

心が痛いし、何より勿体無い


で、到着

大抵はすぐに出て来ない

ひたすら待機

その辺り走ればすぐ実車になるのに待機

くっそー!まだ出てこない!はよせぇやヴォケが!!

無線室へ電話や!!
※雨の日とか忙しい日は繋がらないのも原辰徳


『あ、すみませーん、ダブりでしたー(二重配車)なのでキャンセルでお願いしますー(事務的に)』


はあぁぁぁ??

で、さっきまでは沢山居たお客様も全然居なくなってましたとさ

おしまい



と、これは大袈裟なくらい悲惨な例ですが、まあ普通にありえますからね


が、かと言えば

先日もありましたが、チケットのお客様で4名様

行き先はそれぞれ別

一撃4万6千円!

なんて事も

まあ、おみくじみたいなモノですね無線は

たまーに当たりますが、殆どは、、、ね?

むしろ、自分の営業リズムが狂わされるのが少なくとも俺は好きではありません

暇な時に鳴ってくれたら嬉しいですけどね


要は無線の多さ・少なさを会社選びの項目には入れなくて良いかなと思います

無線が鳴ってそこに行き、また無線が鳴ってそこに行き

まあ、確かにラクかもしれませんが

効率は悪いです

別にその営業方法を否定はしませんが

受け身な営業より自分でお客様探す攻めの営業の方が効率良く稼げると思います


◆保有台数

これ、結構重要です

多ければ多いほど良いです

というのは、この業界、やはり事故る人がとても多いんです

事故れば稼働する車両が減ります

減るとどうなるか?

乗れない人が出て来てしまう

歩合で働く我々としては、これは死活問題

出勤したら

『すみません、今日は車が無くて休みにして下さい』

なんて言われた

なんて事は結構あるのがこの業界

なので、保有台数に余裕がある会社を選んだ方が良いと思います

説明会の時に保有台数を確認したり

車庫

車庫がどんな感じなのか?

営業所からやたら遠かったりするのもダルいし

この辺りもチェックポイントかと思います


◆家から近い会社

タクシー会社は基本、交通費は出しません

なので出勤がラクなところが良いですね

出してくれる会社も稀にあるようですが


◆まとめ

ざっと書きましたが

あくまでも俺の個人的な考えだったり

噂だったり

って怪しいところもあるので

実際に自分で気になった会社に連絡入れて

自分の足で会社まで行って根掘り葉掘り聞く


これに限ります


根掘り葉掘り

ってところがポイントで

それで面倒くさそうな態度取るような会社は捨て

そんな所に入ったらどういう扱いされるか目に見えてますもんね

あと説明会や面接の予約取っても

『担当者がその日は他の予定が〜』

って、なかなか予約出来ないところもクソ会社


リソース足りて無いって事ですからね

人が集まらないって事は何か理由があるものです

しっかりした会社は採用担当課が別セクションで設けられてたりします

小さな会社は兼務を押し付けられてる事が多く1人に負担が押し付けられている

まぁこれはタクシー会社に限った話ではありませんけどね

そんな所に入ってアレコレ押し付けられたくないでしょ


更新の励みになりますので以下のランキングバナーをポチっとしてくれたら嬉しいです。
タクシー会社に連絡する前に相談や不安がある方はredcarp.helmet@gmail.comまで連絡お願いします
※メールフォームが不調の為
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

東京都の有名大手タクシー 無料転職支援サービス【タクQ】

スポンサードリンク

コメント

本当なの?

こういうサイトはご存知ですか?コレによると、黒塗りのタクシーの方が「通常よりも高級車種を使い、特別の試験をパスした運転手でないと乗務させない」為、良いとの事ですが、知らんかった。

大手と中小の違いとして研修が長いか短いかがあると思います。初めてタクシードライバーする人には、そういった点も大事だと思います。

稼げる稼げない会社はやはり存在しますね。歩率が高いけど専用乗り場や無線が一切なかったりする会社もあるしその逆もあるし...

あと、営業所の立地も重要です。出たらすぐ都心に向かって乗せられる、最後会社方向に乗せて帰って来れるなど。

偽りの広告

誘って入社後、色々引かれる会社が多いですかね
車通勤可!!っ会社も月五千円駐車場代負担
(年間六万円、どっか旅行でも行けるよね)
予約の仕事メインで流しの仕事ほとんどなし!!
こう言う広告の会社も嘘つきですよ
都心流してたり、ホテル付け待ちしてる現場見てます
歩率高いけどカード決済料3%引く会社も多いかな
一番大手の日交さん
無線配車No.1とかの広告に新人さん騙されるかな
飛鳥って東京無線から600台も日交グループに加入
大和グループから400台も後から加入
1000台も増えればお察し頂けるかと
朝だけ無線忙しいだけで夜の都心は日交の空車だらけ
無線配車で忙しかったら、そんなに空車いないでしょ
羽田のタクシープールも日交増えたみたいね

かんちゃさんへ

コメントありがとうございます

黒塗りなんて言葉もあるくらいですから昔から高級車=黒ってイメージはありますよね

アドゥワさんへ

コメントありがとうございます

確かに研修をミッチリやってくれる方が後々を考えると良いかもしれませんね

?さんへ

コメントありがとうございます

なるほど専用乗り場の質や数も大事ですよね
あと営業所の立地ですかね

みっちゃんさんへ

コメントありがとうございます

無線が多いってので安心感を求める人って結構多いっぽいですね
地域によってはその会社ばかり頼むお客様が多かったり
しかし無線メインの営業は効率が悪いと思うんですけどね

No title

朝は千円~二千円の低単価無線やってたので
(無線了解しないとうるさいグループにいました)
しばさん言うように流しで人がいる時間は非効率
たまにミドル級の無線ありましたけどね

みっちゃんへ

コメントありがとうございます

無線は本当に運でおみくじみたいなものですね
凄いの引ける時もありますが、外れた時のショックが大きいんですよね
特に乗せられる時間帯の無線で外すと

Re:タクシー会社の選び方

たかだか32万、されど32万
地方では保証給の制度がない会社もあります。
従って、夜も乗務する様になるまでの生活が大変です。

無線

お疲れ様です、

 無線取らなくても構わないので(笑)一切鳴らなくしてます。

 無線無し上等で!(笑)
 

無線、その2

お疲れ様です、

 地方時代、無線は各会社毎で独自でやってまして。

 なので、無線室のヤツと揉めると、干されて無線は鳴らなくなります(笑)

 同僚の中には、盆暮れの中元、歳暮を無線室のヤツに送っているのもいて。

 これって、ワイロでしょ?(笑)

 田舎の悪習ですよ、まったく。

 その他、アレコレありまして、無線は大嫌いです(笑)

 タクドラが無線欲しさに、どんな理不尽な指示も逆らわないのを良いことにやりたい放題な無線室。

 ある件でハラワタが煮えくり返りまして、会社に戻り無線室のドアを蹴破り(笑)

 「こらぁ、表へでろや!」とやったものだから、見事に無線が鳴らなくなりましたとさ(笑)

 無線がトラウマです(笑)

ゴマちゃんへ

コメントありがとうございます

地方都市と都心では色々違いますね

くろねこさんへ

コメントありがとうございます

無線に関しては本当に色々な意見がありますよね
我々だって血の通った人間だと言う事が分かって無い人が無線室は多い!
彼らから見たらモニターに映る豆ツブくらいのアイコンなのかもしれないけど
一度、現場経験してから無線室で働けと言いたい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク