記事一覧

タクシー運転手の防犯について

タクシー運転手への転職を検討してる方の中で

気になってる事、不安な事


この辺りがどうも3年目に突入した俺には

分からなくなって来ております

ベテランでも無いけど新人でもない

そんなハンパな時期に差し掛かって来ているからなんだと思います


そんな初心を忘れた俺が憶測で考えてみたところ


『防犯』

この辺りが不安な人も多いのかなと思いましたので

今回は防犯について書いてみようと思います


防犯

って書くと大袈裟な感じもしますが

実際、タクシー強盗や酔っ払いによる攻撃

これらは結構身近で起こってる事なので

やはりおざなりにしてはいけない問題だと思っております


とりあえずまだ3年目のこの俺をモデルに質問形式でまとめてみました

インタビューしてくれる人が居ないから自演です



Q1.
今まで怖い目に遭った事はありますか?

A1.
そこまで怖い目に遭ったという記憶はありません
ただ、酔っ払いに絡まれて凄まれたりってのはあります
『おうゴルァ!殺すぞオイ!!』
みたいなのですね

ただ、こんな事を言う奴はそんな度胸無いのでテキトーにあしらえば良いと思います


Q2.
テキトーにあしらうと言われても誰にでも出来るものか?

A.2
一概に言えないかもしれませんが、こと酔っ払いに関しては一方的に嫌悪感を示さない方が良いと思ってます。
これは俺がバーテンやってた頃にも思った事なんですが、酔っ払いは自分では酔ってないと主張したがります。
そこを酔っ払いの戯言だと排除するような物言いは余計に逆撫でしてしまう可能性が高くなります。
なので、子供がママやパパにダダこねてるようなもんだと置き換えて、話を聞いてやる方向に持って行きますね

例えばですが

『お客さん、随分荒れてますね、何かあったんですか?』

みたいな感じ

そこから思わぬ方向に話が行ったりもするもので、最後は

『ありがとな運ちゃん、さっきは悪かったな、取っといてくれ!』

なんつって、チップ貰えたり
なんて事もあります

こういう、愚痴聞き屋
みたいな役割も多少なりともあるのかな
なんて思ってます

Q3.
そうは言っても、そこまでうまく行く事は稀ですよね?

A.3
稀でしょうね
とは言え、やはり
『酔っ払いかー、嫌だなー』
って思う事で言葉や態度に出てしまうので、まずは懐に飛び込むくらいの方が良いと思います


Q4.
それでもダメで暴れたらどうするの?

A4.
そこまでいったらもう運行中止ですね
危ないですからね

過去にあったのが、一般道にもかかわらず、しつこく100キロで走れおらー!
って暴れ始めた酔っ払い
もう危険なので、口頭でそれ以上やるならば停車しますと警告した上で停めました


Q5.
その後は?

A5.
100キロで走れない旨を説明した上で、ここまでの運賃をお支払い願えますか?
と問いました
タクシーセンター案件の中で
降車強要というものがあるので
『もう降りてくれよ!』
はNGなのです
なので
『道交法違反は致しかねますので、他のタクシーをお探しになられますか?その際はここまでの運賃お支払い下さい』
というような事を伝えました。
これがタクシーセンター案件的にOKなのかは不明ですが、少なくとも強要ではなく選択肢を与えて選ばせるという方法なので問題無いとは思ってます

結果的には目的地まで行き運賃もしっかりと徴収しました


Q6.
そういう言い争いになった時のコツというか心掛けてる事はありますか?

A.6
これは声を大にして言いたいのですがズバリ
『相手の目を見て話す』
これが基本

また、我々運転手は前を向いてるのがデフォルトのスタイルなので、こういう言い争いになった時は必ず車を停めてシートベルトを外した上で後ろを体ごと向いて対座するようなスタイルを取って相手の目を見て話をするように心掛けてます

Q7.
どんな効果があるのか?

A7.
これは以前、交通課の警官のドキュメンタリー番組を見てた時に感銘を受けたのですが。
違反者を捕まえた時にパトカーの中で事情聴取する際に、ほとんどの警官は運転席で前を向いたまま調書を取るそうです。
違反者は後部座席。
これはタクシーと同じポジショニングです。
その警官はベテランの方で、若い時は上に書いたようなポジショニングで調書を取ってたようですが、良く違反者が激昂してトラブルが起こったとの事。
違反キップ切らた上に、高圧的な態度で調書取れば自ずと違反者も感情が高ぶる。

その警官は剣道経験者で、ある日から剣道で正座する時のように両手は腰の上に添えて前ではなく違反者の方向を向いて、まずは話を聞く
という事を試したそうです。
すると、最初は興奮気味に言い逃れする違反者もおとなしく違反を認めて署名するようになったそうです。

俺はこの話にとても感銘を受けて、タクシー運転手になってからもこれは実践しようと考えてました。

効果としては
・悪い事してるという自覚がある者にとっては多少怯む
※運転手は前を向いている、という日常が崩れる

・正当なクレームを言ってるお客様にとっては誠意があると捉えられると思う
※一生懸命にクレーム言ってるのに目も見ないで前向いたまま生返事ってのはこちらの表情も見えないから不誠実だと捉えられる可能性が高いと思う


なので、必ずどんな時でも論争になるなこれは

ってタイミングでは

『対座して目を見て話す』

って事を実践してます

普段はシャイなので、あまり人の目を見て話さないのだけど、、、




なんか思いのほか長くなったので、また続きは気の向いた時にでも書きます

防犯板の事とかも書こうと思ったのですが、また今度



更新の励みになりますので以下のランキングバナーをポチっとしてくれたら嬉しいです。
タクシー会社に連絡する前に相談や不安がある方はredcarp.helmet@gmail.comまで連絡お願いします
※メールフォームが不調の為
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

スポンサードリンク

コメント

こんにちは!

しばさんお疲れさまです!
最近は急に暑くなりましたね。

今回の防犯対策についてですが、やはり私のようにタクシー見経験者には強盗、酔っぱらいの対応については一番気がかりなところではあります。
酔っぱらいにボコボコに殴られて後遺症が残ったら・・とか。
強盗に刃物で刺されたら・・とか。
どんなお客さんが乗車してくるかわからないところが怖いところですよね。
もちろん、しばさんのブログを見てごくごく普通の対応をしてくれるお客さんがたくさんいるのは知っています。
ただあまりにも理不尽な要求を突然された場合、自分に臨機応変に対応できるものなのか?とは思ってしまうところもあります。

タクシー会社で酔っぱらい対応等の研修とかってあるんですか?

それと是非、防犯板の話も聞きたかったです。私の見たところタクシー大手四社の中にも防犯板が着いていない会社はありますよね。
やはり、タクドラとして防犯板が有る無しでは安心感は違うものですか?

防犯板

お疲れ様です、

 以前いたタクシー会社の防犯板は、酔っ払いが殴ったら(素手)粉々に割れました(笑)

 破片が散乱した車内を見て愕然としました。

 役に立ってるのか?どうかはよくわかりませんが、計画的な強盗が乗ってきたら意味無いでしょうね。

 酔っ払いから殴られた回数は七回。過去11年間で。もう慣れっこです(笑)

 べろんべろんの酔っ払いが殴ってきたところで痛くはないですよ、例外はあるでしょうけどね。

 なので殴られたら淡々と110番通報するだけです。

 警察が到着するまでの間、「こいつバカだなぁ、取り合えず終わったな」と思います。

 酒に狂わされて暴力をふるうなんて。この後の後始末が大変なのに、と、警察官到着後の流れを思うと少し同情します。

 が、こちらも大変なんですよ、殴られたら。供述調書、被害届のために数時間警察署内に縛られますので仕事は殴られた瞬間終わりです。

 会社が補償を取ってくれないなら自分でやらなきゃならないし。相手が貧乏だと取れないしね(笑)

えんぴーさんへ

コメントありがとうございます

この仕事は自由度が高い反面、今回書いたようなトラブルは運転手が上手くやってね?
という業界でもあるのです

なので会社がこういったトラブルに向けて予め講習会をするなんて事はまずありませんね
そもそも会社にもそんな期待はしておりません俺は
なので、同じドライバー同士で
こういう時、俺はこうしてるよ
って事を共有して行くものだと考えております

防犯板に関してですが、まあこれまた俺は全く期待しておりません
造りもチャチですし意味ありませんね
やるならばロンドンタクシーのように完全に前と後を隔離するような造りにしないと

って事を書こうと思っておりました

くろねこさんへ

コメントありがとうございます

俺も同じ事を書こうと思ってました
意味無いと思います
あんなチャチなアクリル板で防犯なんて
会社側の対策してますよアピールでしょうかね

くろねこさんのようなベテランではないので殴られたというか軽く小突かれた事があるくらいですが、まあ普通に110番しますよね
俺の時はそいつがビビって逃走しましたが 笑

後からビビるくらいなら最初からやるなと 笑

逃がしません

お疲れ様です、

 暴行犯を逃がしましたか。

 私は逃がしません(笑)左後部ドアを外から押さえて開けさせません。

 人様を殴って罰せられないなんてあり得ないと思う者ですので警官が来るまでは車外に出しません。

 

Re:タクシー運転手の防犯について

私も一度だけ経験があります。
夜も早目の時間帯にタクシー乗り場から乗られた年配男性。
乗るなり突然にシートや車体を叩き始めました。
そこで、私は、
『何かあったんですか?』
とお聞きすると、それ以降の反応が変わりました。

その他、上記のBLOGの内容を参考にさせていただきます。

そうなんです!

お疲れ様です、

 そうなんです!殴る客は、口論の末とかではなく、いきなりなんですよね。

 私の場合は殴られた理由がわからないのがほとんどです。

 そこまで支離滅裂な酔っ払いじゃないと人様を殴らないと思います。

 例外はあるでしょうけど。

くろねこさんへ

コメントありがとうございます

あの時は油断して逃げられましたねー

次は逃がしません

くろねこさんへ

コメントありがとうございます

いきなり殴られるんですかー

なんかそれはそれでワケ分からんですねえ

ゴマちゃんさんへ

コメントありがとうございます

どうしましたか?
何かありましたか?

気弱な人ならば大抵コレで黙りますね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク