記事一覧

短いイニング 長いイニング

土日は少年野球のコーチをしてます

息子と娘も入団してるのです

本日試合がありました

我がチームのエースがいつも以上に絶好調!

三振をバッタバッタと奪い

試合も大勝


ふと、なぜ今日の彼は良かったのか?

普段と何が違ったのかな?

色々と考えてみました

試合前のミーティングまで記憶をプレイバック


『今日、◯◯は2イニングな』

これかなー?

今日は練習試合という事もあり

3人の投手を試したかった


普段の試合では

イニングを事前に伝えるなんて事はやってません

限界まで引っ張り、そこで交代

これでは良いイメージのまま終わらせられなくて

少々気の毒ですね

また、もう火が勢い付いたところで交代させてると次の投手も大変

これは、プロ野球でも最も酷な展開だと思います

あと、良く言われるのが

イニング跨ぎ

『1イニング頼むよ』

って言われた投手が思いの外好投して球数も少なかったので

『やっぱ、次も頼むわ』

で、大炎上


やはり、人間集中力はそんな持続しないのでしょうね

また、1度切れた集中力の修復は難しい



これは、今後のタクシー乗務でも生かせるというか

教訓に出来る場面はあるんじゃないかなと

子供達から教わった気がしました

やはり、どこかで『ケツ』を決め

それをやったら休憩

それの繰り返しなのかなと

スポンサードリンク

コメント

例え話として

合ってるかどうか不安ですが(^_^;)

社内ではちょくちょく、
「期限を設定して○○の書類を提出」
なんて打ち合わせたりしますね。

これって結局、期限を設ける事によって『ケツ』を決め、そこに向かう様に仕向けるのが目的だと思うんですよ。

件のエースは予定イニング数を設定された事で自らフィジカルマネジメントが出来ていた好例かも知れないです。
スポーツに疎いので間違っていたら済みません。

タクドラに置き換えてみても、時間/運行管理やお客様降車後の次への繋げ方など、自分で自分をマネジメントした結果が全て帰ってくる、ある意味やり甲斐があるというか燃えてくる職業かと思っていますw

ミンクさんへ

コメントありがとうございます

そうですよね
私も前職は工程表作って、区切りを決めてましたもんね
その方が能率が良い気がします
そして、その区切りを無視した上司の思いつき新工程に凹むのですが 笑

タクシーは本当、ヤル気次第ですね
サボりながらユルくやるのか
ほどほど狙うのか、多少リスキーでもガッポリ狙うのか

ほどほどとリスキーガッポリの中間くらいを目指しつつ知識と技術を蓄積させたらガッポリ狙いかなー?

とにかく面白い職業なのは間違い無い
少なくとも私は不安より楽しみしか無いです、今のところ

教えられる事って多いですね。

しばさん、お疲れ様です。

「何かを人に教える」と言う事は
自分が一番教えられていたりしますよね。
アウトプットしてはじめて身につくとも言われていますし。

集中力と「熱が入ってる」状態って難しい問題です。

精神と肉体伝達が合致した「入ってる状態」の時は何をしても思い通りになる様な状態がありますね。

逆に歯車が狂うと修復が難しい。
自分もそういう状態を経験しているので、
あるリズムが崩れてもがいている選手を見ると自分も苦しくなります。

世界レベルで言えば、長谷川穂積選手なんかも言えると思います。

しかし、読んでいて団体競技の難しさも感じました。

一つ一つをコミュニティと考えると、会社のあり方、国家のあり方にも結び付けられる様で面白いですね。

タクシーも「入っている」状態の時に、小便に行きたくなると嫌な時があります。(笑)

Atsushiさんへ

コメントありがとうございます

『入ってる』状態って分かります 笑
私の場合は、暇な時より多少忙しい時の方が『入り』ますね

なので、前職のようなお役所仕事で
『仕事が無いから理由を付けて仕事を作る』
みたいな環境は発狂しそうでした

それが、あのコミュニティの中では
『仕事』だったわけで、郷に入れば何とやらだったのかもしれませんが、最後まで染まれませんでした。

私も剣道や空手をやっていたので、個人競技の難しさ、反対に気楽さみたいなものは理解してるつもりですが、団体競技も難しさと楽しさがありますね。
先日の試合のように、イケイケな大勝ムードだとベンチの雰囲気は最高ですし、逆に劣勢だと悪くなります。
コーチ陣やお母さん方までカリカリする人も出ますし
(本当はそういうのはやめて欲しいのですが。。)

私もトイレ近い方だし、お腹をすぐ下すので気をつけないと!笑

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: