記事一覧

事故について

実は、俺は過去に結構大きな事故をやってます

まだ二十代の頃です

原因は居眠り

結局、2ヶ月ほど入院、手術も足と顔やりました

今思うと、というか、病院のベッドの上でもゾッとしました

居眠りって事は、自分の意識が無い中での出来事

人をハネ殺してても不思議ではありませんでした


しかし、今となってはこの大事故が

俺の中では戒めとなってるようにも思えます



俺は約2年タクドラやってるんですが


その間に事故で辞めて行った人達は結構多いです

決して故意で事故なんてやる奴は居ません

が、、

俺が感じたのは



軽い


軽いんですよね、事故やって消えてしまう人達って

『あー、やっちゃいましたぁ テヘペロ』

みたいなね、大袈裟に書くと


俺は自損は一回やったんですが

凄く悔しかったですもんね、情けなかったというか

マジで半泣きでした

まあ、そんなくだらない自損やっといて偉そうですが


軽いよ


軽いだけならまだしも

他責

これね


『この事故なら3-7で向こうが悪いだろう』

は?

3も比率あるのに、なんで被害者ヅラなの?

アホなの?

死ね



その

3を今後は潰そうとか思わないのかね?

絶対に防げるとまでは言わないけど

遭遇率の軽減は出来ると思うよ


まあ、こればかりは意識の問題なんでしょうね


1度怖い目に遭わないとダメなのかも



更新の励みになりますのでご協力お願い致します。
タクシー会社に連絡する前に相談や不安がある方はメールフォームから連絡して下されば返信致します

※メールフォームはPC版に設置してますのでお手数ですが切り替え願います
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

俺はここから会社探して祝い金貰いました↓↓↓↓↓↓↓↓↓





スポンサードリンク

コメント

無事故無違反こそ真のプロ

お疲れ様です。

私も前の会社で事故をして退職に追い込まれた身ですが、だからこそ次は無事故無違反でという意識は強くなってきました。
1日200〜300kmも走ってりゃ事故も起こすよという考えもあるかもしれないですが、1日200〜300kmも走ってるからこそ無事故無違反に価値は大いにあると思いますね。

こっちにきてからは入社3日目に擦ってしました。あと、二度の当て逃げもありましたが、一応無事故無違反です。
当て逃げの時も警察官に「俺が1%でも悪かったのか?」と聞きましたからね。

その甲斐あってか?かなり早めに担当車も付けてもらいました。
1日も早く黒車に乗って(今は担当車がダメな時は黒車に乗せてもらってます)、初のゴールドでの2種更新とそれのボーナスと優良乗務員証付けたいですね。

No title

お疲れ様です。

この仕事をやっている以上、毎日付きまとう不安と問題が「事故」ですよね。

実は私も2ヶ月ほど前にやってしまったんです。
詳しくは私のブログに書いてあります。

http://inakatakudora.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

>1度怖い目に遭わないとダメなのかも

しばさんも最後におっしゃっていますけど、きっとそれ、必要かも知れません。

私の場合は、それを経験したので、今は本当に毎日身の引き締まる思いでハンドルを握っています。

Re:事故

我が社も、事故を契機に退職して行かれた方は少なくないです。
そんな私も、小さな事故が多くて、
「次は、私の立場も危うい。」
そんな状況です。
その反面、大きな事故を何度も起こしている人もおります。
そんな図太い神経の持ち主になりたいものです。

情報ライブミナミ屋さんへ

コメントありがとうございます

もう担当者あるんですね、素晴らしい
お互い安全運転頑張りましょう

都会出身の田舎者さんへ

コメントありがとうございます

やっちまったモンは仕方ないので、その後どうするのか?
ですね
頑張りましょう

ゴマちゃんさんへ

コメントありがとうございます

不思議と、やる奴は何度もやるんですよね事故って

お互い安全運転で

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな44歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク