記事一覧

ざっくりタクシー ザクタク 最終回

なかなか最終回書かずに申し訳ございません

人一倍、面倒くさがりなのです

面倒くさがり屋さん

って仕事が実在するならば

六本木ヒルズ辺りにオフィス構えられるほどの有能なビジネスマンになれると思います


まあ、面倒臭いからオフィス構えませんが



さて、最終回は


◆乗務したての頃

についてつらつら書いていきます



配属されて4日目くらいでしょうか

営業所の先輩乗務員と2人で日勤デビューでした

先輩乗務員が助手席に

そして勿論、俺が運転席に


いやーー

緊張しましたね

深呼吸して、いざ出撃!



出庫から3秒でお客様


嘘だろおい!


こんな事はその後も一回も無かったのですが、その時は営業所から出た途端に目の前にサラリーマン風なお客様が

時間は8時くらい出庫だったから

通勤のお客様が多かった記憶があります

その、記念すべき第一号のお客様に

『申し訳ございません、実は本日初乗務の新人なんですが〜』

するとお客様

『え!ホントにw 良いですよ、道教えますから』

みたいな感じで出発

問題無く到着して

頑張ってね!

みたいな一言を頂きました


ふう、、、

って感じで一息ついて、また次のお客様へ〜


ま、こんな感じで半日やって営業所に戻りました

同乗の先輩からも

『彼、大丈夫っしょ』

みたいな感じでGoサインも頂きまして、翌日からは1人日勤に

◆日勤時代

約、1ヶ月は日勤やってましたね

当初は8時くらいに出庫してましたが

営業所の立地上、その時間に出ると都心に到着する前に渋滞に飲まれるんですよね

なので、6時に出庫して

一目散に世田谷を目指す営業スタイルを貫いてました

これは現在でも貫いております

ま、貫いてるというより















んですけどね


世田谷からはどんなお客様が多いかというと

高速使って大手町や丸の内や日本橋や

って方々が多いんですよね

例えば、三軒茶屋から乗って霞ヶ関で降りて

なんてお客様

これだけで高速以外の前後の道や時間にもよるけど

4〜5k

ウマーなわけですよ

高速使うから乗車から降車までも早い

そんな感じで都心にズドン!と連れて行って貰って、まあそこからは

出たとこ勝負

って感じでしたね

◆道はどうしてたのか?

サッパリ分かりませんよ

まあ、今でもサッパリですけどね

これ、謙遜でも何でも無くて

ホントに道はヤバいレベルですよ

方向音痴っぷりがヤバい

地図を見る時、グルグル回さないとダメなタイプです

女みたいって良く言われる

女性は地図見れない人多いなんて笑ってる人がいるけど、俺は笑えません

◆そんなので大丈夫だったん?

まあ、大丈夫でしたね

特に世田谷のお客様はタクシーに乗り慣れてたから優しいし、説明上手、説明好き

それに甘えて甘えて

甘え過ぎましたね、、、

そうだ!勉強しよう!


◆困った事や失敗談

まあ、道が分からないのは、持ち前の低姿勢で謙虚な態度でクリアーしてたから、そこまで困らず

まあ、さすが俺様だよね
な?謙虚やろ?


最初に困ったというか、怖かったのは

六本木通り

かなぁ?

車線を予め知っておかないと苦労します

例えば

世田谷から六本木ヒルズ

世田谷から六本木交差点


これらを例に

まず、両方

『西麻布の交差点をオーバーパスで超える』

というミッションがあります

と、その前に

渋谷で青山通りと六本木通りがY字に分岐するわけです

進行方向、左側が青山通り、右側が六本木通り

ここでトーシロな俺は六本木通り行きたいのにキープレフトしてて青山通り側の方に行きそうになったりね

まず、これが第一の分岐

次に、六本木通りを進むと

渋谷2

という交差点があります

ここを超えてからの車線キープが、これまた知らないと大変

左折専用レーンと直進レーンと右折レーンが現れます

ここで、またキープレフト癖があると、大変な事に

朝は特にみんな急いでるから入れてくれないのよね

ここは真ん中の直進レーンを進みます

で、それをクリアすると

いよいよ

『西麻布交差点オーバーパス』

このオーバーパスに乗る為には、渋谷2で乗った直進レーンから車線変更して、ひとつ右側の車線に移ります

移らないとオーバーパス乗るの恐らく失敗します

高樹町の高速入口に無理矢理乗せられるか、大渋滞の西麻布交差点を通るルートにはじき出され、お客様激おこです

俺は幸い、やらかさなかったけど、いつやらかしてもおかしくない

更に、そのオーバーパスに問題無く乗れたとしても、またここで困る事が

オーバーパスは2車線

左側は六本木交差点方面

右側は赤羽橋方面

六本木ヒルズに行きたい場合は右側

六本木交差、交差以降の赤坂や新橋に行きたいならば左側

更に六本木交差点を右折するには、突如として現れる右折レーンに車線変更しないと詰み

これも、書くと簡単だけど、これの逆やると地獄です

もう車線変更なんてさせて貰えないと思ってた方が無難です

要は、六本木ヒルズに行きたいのにオーバーパスの左側を走行してたら、詰み率アップ

その逆も然り

ま、混雑具合にもよりますが、それくらい予め車線の把握が重要となってきます


長々と書きましたが、活字にしてもなかなか伝わらないので

不安に思った方は六本木通りだけは予め知り尽くしておきましょう

Google先生が色々教えてくれるハズです(丸投げ)


六本木通りに限らず、都内の道は先々を考えてないと完全に詰むところが満載です


◆お客様から怒られた事は?

沢山あります

やはり道を知らないとか、チンタラするな

とか、その辺りが大半でしょう

まあ、これらについては避けては通れません

怒られて覚えるもんです

なので

『怒られたくない』

なんてスケベ心は捨てましょう

また、ビクビクし過ぎてると

人間てのは攻撃的になるものです

動物の世界でもそうです

日光の猿が襲うのは子供か女性が大半なんだそうです

要は弱そうな人を攻撃するよう、人間を含めて動物にはプログラミングされてるのでしょう

だからイジメは無くならない

なので、必要以上にビクビク、おどおどはしない

これが良いと思います


◆最も気をつけてた事は?

これは断然、事故

もう、これだけ

って言い切っても良いと思います

道を知らなくてお客様に怒られるのが怖い?

確かに怖いかもですが

そんな事よりも怖いのが

事故


ぶっちゃけ、お客様から叱られようが

少し凹む程度

あまりにも酷い失敗だと会社にクレーム入れられて会社の人から叱責

なんてのもあるけど、そんなものは次回改めたら良いけど

事故

人を轢き殺したりしたら

もう人生が詰みます

なので、常に失敗のプライオリティを頭の中で考えておくと良いと思います
失敗のピラミッド
と言い換えても良いかもしれませんね

頂点に

事故

を、常に置いて物事考える癖をつける

お客様からガミガミ言われたら、正直、最初は心臓がバクバクになりますよ

でも

『怒られて凹むけど、まあ事故るよりは良いや』

って感じで、案外冷静さをキープ出来るメリットがあると思います


ぶっちゃけ


知らねーオッサンにキレられようが知るかヴォケ!

って話ですよ

いや、勿論キレられないように努力した上での話ですからね






今回を最終回にしようと思ってましたが

長くなりましたので

次回を最終回にします



更新の励みになりますのでご協力お願い致します。
タクシー会社に連絡する前に相談や不安がある方はメールフォームから連絡して下されば返信致します

※メールフォームはPC版に設置してますのでお手数ですが切り替え願います
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

俺はここから会社探して祝い金貰いました↓↓↓↓↓↓↓↓↓





スポンサードリンク

コメント

いつも拝見させて頂いてます。

初コメント失礼します。いつも拝見させて頂いてます。自分も明日はいよいよ入社日です。今夜は緊張で寝れません(苦笑)仕事では失敗は付き物ですけど、この仕事もクレーム対応には苦労しそうですね。まあ郵便局の窓口勤めだった時も大変でしたので多少の耐性はある方なんですが、久々の接客業なので、正直不安もありますが、このブログを見てモチベーションを落とさないで頑張ります❗

江戸川ダービッツさんへ

コメントありがとうございます

こちらでは、、初めまして 笑

いよいよ明日ですか
緊張しますよね
まあ、なるようになりますよ

とにかく沢山時間を使って新しい事を沢山覚えてください
時間さえ使えば覚えるものです
そこを面倒がるとなかなか覚えません
俺みたいに

渋谷は

日曜に新宿、渋谷界隈を流していると幡ヶ谷〜六本木ヒルズというお客様おられました。

緊張しましたねえ。
レンタカーで一度失敗しましたが、今回は上手くお客様をお送りできました。

あと、渋谷界隈は工事、工事で日々変わってきていますよね?

あと、内堀、日比谷通り、昭和通りのアンダーパスに入るための位置取りも重要ですよね。
交差点で言えば、大手門、大手門、竹橋、気象庁前、祝田橋、国会前、三宅坂

さらに空車で流すならお客様に拾ってもらう位置取りも重要ですし、いや〜奥が深い。

情報ライブミナミ屋さんへ

コメントありがとうございます

渋谷の工事は夜間こそ気をつけないとなりませんね

皇居周りもホント混乱しますね

そう考えると都内の道はホント大変ですね

Re:ざっくりタクシー

都心部は、本当に田舎者には難解です。
初めて首都高に乗った時も、突然の分岐や合流に戸惑いました。
この時に、初めにある程度のルートを把握しておかないといけない事を痛感しました。

私はまだ 研修前の身ながら 自家用車で何度か疑似ドライブ 赤坂・六本木・渋谷・品川 方面も行いましたが、ほんとに難しいですよね  私も練馬住まいの田舎者で 前職時も北・荒川・台東・文京・豊島・新宿あたりは、頻繁に行き来していましたが中央・港・渋谷・品川 あたりは正直怖いです  稼ぐためには覚えなきゃですよね。

ゴマちゃんさんへ

コメントありがとうございます

茨城の友人が泣き入れて運転変わった事が何回かありますね

複雑ですよね

lsaさんへ

コメントありがとうございます

誰かに言われる事なく、今の段階でそこまでやってるのは素晴らしい事ですね

分からない道を放置してると、いつまでも覚えません
クラクション鳴らされたり煽られたりするのを恐れずドンドン突っ込むべきです


事故だけはしなければ

え? プログやめちゃうの?

お止めになるんですか? 楽しみに拝読させて頂いています。プログを始められた頃に書かれていた奥様との関係が、個人的にとても気になっていました。(僕と似ているかなあ、なんて、勝手に思い込んだりして。) 本年正月早々に人身事故を起こしまして、未だ未解決。僕たちは危険物を取り扱っているんだということを改めて肝に銘じます。プログの終了、寂しいですが、これからも無事故無違反で、余裕で行きましょう。
 

西麻布のオーバーパス

ぼくも最初のそこを走ったとき、高樹町のバス停でお客様を乗せて
「六本木通りをおしまいまで行って数寄屋橋」
という指示をちょうだいしたのですが
うっかり下を通りそうになり
「そこ(オーバーパス)だよ」
といわれてしまいました。

そのときは、なぜかあわてていて
「新人であまり道がわからないのですが」
というのを忘れていたので
よけいに呆れられてしまいました。

あそこは、六本木から渋谷に抜ける西行きは、出口の青信号の時間が短いので、オーバーパス入口に車が見えていたら下を通ることにしています。


ちなみにぼくの朝は、甲州街道、永福から4号線で都心に入ります。
環七交差までに乗せられないときは水道道路、そこもだめなら山手通りまたは無線期待です。

ぼくは、しばさんのブログ「も」参考にして転職してきました。
会社も無線系統も違いますが、グッドマナーなドライバーが一人でも増えていくよう、ルールと仁義を守ってお互いいい競争ができるといいですね。

ちなみに野球はベイファンなので、ここでも残念ながら相容れることができません(笑)

makkyさんへ

コメントありがとうございます

いえいえ、この
ざっくりタクシー
という企画が次回最終回
って意味ですよ

すみません、紛らわしくて 笑

私鉄協の人さんへ

コメントありがとうございます

俺と同じルートですね 笑
新宿までノーヒットなんてザラですよ
立地がキツイけどお互い安全運転で頑張りましょう

横浜、今年は強そうですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: