記事一覧

研修3日目 終了

本日は昨日より更に踏み込んだ接客の研修

元バスガイドさんの方で、とても良く話す方でした 笑

無口じゃ務まりませんもんね

知識豊富なその講師のマシンガントークを聞きながら思いました

将来は自動運転でタクシーが無くなる

これ、最近はオリンピックの影響もあり頻繁に目にするけれど

半分は正解、半分は脅し

そんな気がしますね

サービス・癒しの精神の無い奴は接客業に向かないので、そういう人側にならないよう頑張ろうと思います

ルールはルール

規則は規則

勿論、守られなければいけない事は沢山あるんだろうけれど

例えば、明らかに都内の土地勘無い人から行き先を自信なさ気に告げられ、到着。
そこで降車間際でも自信なさ気なお客様を放置するような人とか
(昔、聞いた実話)

支払い済んだ後に、ほんの数分くらい一緒に探してあげませんかね?

『金も貰えたし、次の客次の客』

これが効率の良い営業といって営収自慢してるような人が仮に居ても俺は尊敬はしませんね

金額次第では『すげえ!』

とはなるかもですが、いや、なるだろうなぁ 笑


『おや?このお客様困ってるな?』

と、すかさず表情や車内の体温や心拍数から解析し、お客様の苦悩を察知して新たに目的地検索モードに切り替わるシステムが開発される頃には俺らは死んでるってば
(うーん、案外すぐ出来るのかな?)


まあ、どうなるかは分かりませんが、行き先言われて黙々と運転するだけっても味気ないですし、勿論空気は読みつつですが、お客様からお話を引き出せるような運転手になりたいものです!

楽しい時は楽しい話をシェアしたくなるじゃないですか人って

俺はそうなんですけどね


例えば酔っ払いが

『兄ちゃん聞いてくれよ!』

『マジすか!!!(というテンションで、左様でございますか!)』

とか、言えば機嫌も良くなってたけどねぇ

最初から不機嫌モードの人は大変でしたけど 笑

バーテンやってたから深酒してるお客様の面倒さは分かるけれど、案外

『最初は機嫌良かったお客様をちょっとした事で怒らせてしまった』

なんてケースも良く見たからなー

あからさまにバーテンが面倒くさそうな対応したら、そりゃ怒るよ

泥酔しててもお客様はお客様なんだから



タクシーなんて先の無い業界だよなー。。。


とか、そんな暗い顔しながら仕事してもつまんないと思うんです

俺は話好きなんで、接客業の時もお客様と話す時間はあっという間に過ぎて、労働体感時間は短かったです

タクシーでも、あれを目指す!!

タクシーの業界はまだ全く分かりませんが、接客業やってる人ってお客様からお金貰って仕事してる意識が低い人が一定数は居ましたね

どこか、お客様を馬鹿にしてるというか

お客様を下に見てしまうから、そのお客様からの辛辣な言葉にいちいち反応してしまうんだと思うのです
『年下のくせに!』
とか
そこはプロに徹しないと


俺は運転以外にも語学とか勉強していこうと思います
英語はホテルマン時代の貯金で少し話せるので、肉付けしていこうかな?

オリンピックまでにはイケてる運転手になるぞー!


が、風邪引いたくさい。。。
インフル級の高熱ワロタ。。。

明日病院行ってきます

スポンサードリンク

コメント

そですよね

私も、最近は如何にお客様へ快適空間を提供出来るのか?てのを考えています。
その上であわよくば(笑)自分もハッピーな気分に浸れたらなと。

最初から超不機嫌モードなお客様だと中々厳しいかもですが。

青いと思われようが、信条としてはぞんざいな態度は取らないでいようと考えています。

不調の兆しが見えてるようですが、どうぞご自愛下さい。

ミンクさんへ

コメントありがとうございます

理想ばかり書いてしまいましたが、理想無く仕事して病んでしまったので。
私は今の会社の理念が好きですね。
それが例え綺麗事でも、宗教じみてても軍隊ちっくでも。

会社に電話したら本日は通院してインフルかどうか確認してお休み下さいとの事でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: