記事一覧

高齢者免許の自主返納

ネタが無いからテレビ観ながら


免許の自主返納について

ニッポンの過去問

という番組で特集しています


高齢者のありえない交通事故

最近、毎日のようにニュースになってる問題です

これ、恐らくニュースになってないような事案も含めると相当な数ではないかと


この仕事してて思うのが

例えば信号待ち

右折レーンにいる時に

先頭が高齢者ドライバーだと

かなりの確率で出遅れる 笑


いや、勿論、信号変わってすぐに発進ってのも危険な行為だから

ジックリ確認してから発進

ならば良いのですが


ホゲー

って右折矢印にすら気付いてなかったり


結局、反射神経が落ちてるんでしょうね


高齢タクドラって、その自覚があるのか

信号待ちでジリジリとフライング気味にリード取る人も多い気がする

で、アッサリと反応負けして置いて行かれるんだけど 笑


例えば我々若者でも(この業界ではね)

疲労が溜まってる時は

似たような感じになりますよね

高齢者は常にあんな感じなんじゃないかなぁ?


かといって、では高齢者は全員免許返納しろよ!

ってのもね

やはり仕事で使う人達も多いでしょうし


仕事で使う人達には

現行とは別枠の新たな免許を新設してはどうでしょうかねぇ?

普通免許一種

これを

仕事で使う

仕事では使わない

で、分けちゃう

勿論、仕事で使う場合はそれなりのハードルを設ける

仕事では使わない高齢者の普通免許一種については、ほぼ返納の方向へ持っていく


自治体でタクシー券とか渡せば良いのにね

返納した人には

そしたら我々タクドラも喜ぶ

高齢者は事故のリスクが減る

ウインーウイン

ではかなろーか?
※タクドラ的には



都内は特に既に車が飽和状態なんだから
※タクシーがかなり迷惑かけてるけど、、、

減らして行けば良いのにね


まあ、しかし、この俺が書いた話を自動車メーカーの人間が見たら

ふざけんな!


って事になりますわなぁ

自動車売りたい人達にも家庭はあるわけで


難しいね


俺みたいなお馬鹿さんがいくら考えても解決しませんね


寝よう


更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

タクシー会社に連絡する前に相談や不安がある方はメールフォームから連絡して下されば返信致します


にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

俺はここから会社探して祝い金貰いました↓↓↓↓↓↓↓↓↓


スポンサードリンク

コメント

タクシー福祉券

確か群馬では返納した方へ福祉券配布していると聞きました。

現状返納にメリットが全くない都内なんですよね。

Re:自主返納

我々タクドラも、確かに長時間の運転をしていると”ありえない”ミスを犯すこともあります。
一日、無謀な車に出会う事無く、無事故で終わる事を祈るのみです。

No title

お疲れ様です。

高齢者ドライバーの事故については、我が田舎町では深刻な問題です。田舎であるが故、車がないと不便な部分が多いため、なかなか免許返納とはいかないのが現状です。

私も何回かこの人達の運転する車に遭遇しましたが、はっきり言ってとても危険な運転が多いです。今すぐ運転をやめてもらいたいのが本音です。

免許返納、これは単に町の問題ではなく、日本という国の問題でもあるのではないでしょうか?

タクシー券の配布、大いに賛成です。ただ国の財政事情が問題ですけど・・・

ソウジンさんへ

コメントありがとうございます

確かにメリットが無いから返納する人も少ないんでしょうね

ゴマちゃんさんへ

コメントありがとうございます

ほんと、変なのに出会わないのが一番ですねー

都会出身の田舎者さんへ

コメントありがとうございます

国が率先して取り組まないのは、やはり記事にも書いたように自動車メーカーとの関係があるからではないでしょうかね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: