記事一覧

今の自分は正直「逃げ」たんだろうなぁ

今だけじゃなく、今までもそうしてきたような気がします

目の前に壁が出来たら

「この壁をどうやって乗り越えるか?」

という思考より先に

「どうやって回り道(逃げ道)を確保するか」

そうやってるうちに40歳になってしまった

「もう逃げられん、これが最後の転職だ」

これも過去何回言った事か 笑

いやあ、笑えないけれど

今回の転職も半分以上は「逃げ」だと思っている

でも、自分で言うのもなんだけど

それを自覚し誤魔化そうとしてないのは

今回が初めてかもしれない

今までは「いーや、これはステップアップだ」

と、自分を騙して来たように思う

「もう逃げられない」

と、追い込むと多分ツラくなっちゃうので 笑

「よっしゃ!いっちょやったるか!」
「やるからには並の運転手では終わらせんよ」

って気持ちを維持していきたい

タクシードライバーとは何か?

「車を借りて、少額の契約を沢山取る事を求められる飛込み営業マン」

今の私はこの認識でいる

契約内容は

「お客様を安全にお届けする事」

であり、達成時にはその報酬を頂く

当然、商品知識(道や施設)は求められるし清潔感(身だしなみ、洗車の必要性)も持って誠実(遠回りなどの不正をせず)に

お客様に接しないと契約なんてなかなか取れないと思ってます


学生時代に悪評高い某「○通信」で飛び込み営業のアルバイトして

ヤ○ザ事務所みたいなところで軟禁状態になった事や

ブン殴られそうになった事

あんなのに比べたら全然お客様なんて怖くは無い

いざとなれば空手4級の鉄拳で 笑


やるからにはやってやる!



スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: