記事一覧

体感労働時間 について

自分のブログを読み返してたら

今年の1月6日、研修3日目の記事に

体感労働時間

について書いてました

http://ittax925.blog.fc2.com/blog-entry-43.html?sp


因みに、この3日目の研修から帰宅後に熱出して4日目は休んでますね 笑


タクシーで隔日勤務だと

20時間前後の拘束時間となります

うち、休憩は3時間(これも会社によって微妙な差があるらしい、それもどうかと思うが、、、)

納金や洗車を1時間拘束とすると

実働は16時間前後

まあ、いわゆる普通のお仕事の1日の労働時間が大抵は8時間ですので

『1度で2日分働く』のが隔日勤務

という事になります



長っ!!!!



と、俺も最初は思いました

けど、これが面白い事に

全く長く感じないのです

むしろ


『くっそー!!あと2時間くらいは乗りてー!!』

ってなる事の方が多い


ハッキリしときますが

俺は労働とか大嫌いです

グータラ人間、寝てるのマンセー!

って男です


そんな俺が

もっと乗りてー!

ってなるのがタクシー


何でそうなるのか?


やはり

『集中して物事進めてると時間が経つのは早い』

って事になるんじゃないでしょうかね?

特に今みたいに年末でお客様が絶えずご乗車くださると

単純に

面白い!

んですよね


だって、乗せた分だけ自分の稼ぎが上がって行くのが目に見えるわけですからね

『累計ボタン』をピッて押して


ムフフフ


ってね


あと、やはり事故や違反しないように気を張ってるからってのもあるでしょうね


体感労働時間はとても短く感じます


一方、前職では

もうね、朝から

『早く帰りてぇー』

って思ってました

朝からお昼何食べようかなー?

とかね

で、お昼終わると

『夕方まで長げーーー、、、』

ってね


1週間こんな感じでしたから

ホント長く感じましたね

常に時計を見て

『まだ15時かよ、、、』

って

体感労働時間はクッソ長かった



要は人間、つまらん事をしてると時はなかなか流れず

おもすれーー

って事をしてると時はあっと言う間に過ぎる


そういうものなんでしょうね


今年1年、めっちゃ早く時が流れた気がしますからね

もういくつ寝るとお正月ですよ

早っ!!


体感労働時間は短ければ短い方が良いですよね

基本、働くの大嫌いなので

タクシーは良い意味で

労働っぽさ

が無いから続けられるんだと思ってます


長いドライブの途中で色んな人を乗せたな〜


みたいなね


それで金貰えるんですからね

勿論、道中、色んな危険を回避してこそ成り立つ事なのですが


更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

Re:体感労働時間 について

私のかつてのIT業界での拘束時間は長かったです。
が、私の今の仕事も異常な長さです。
 ※これは当社の場合だけだと思いますが。
仕事する前から気持ちは、お疲れモード。
こんな日は、無事故で帰庫できる事を願うばかり。

ゴマちゃんさんへ

コメントありがとうございます

お正月まで無事故無違反頑張りましょう!

ほんと16時間短いですね?

たまに公休勤務で8~12時間(神戸の会社の公休勤務はこれだけしかできなかったです)するとほんと物足りなく感じましたね。

情報ライブミナミ屋さんへ

コメントありがとうございます

ホント短く感じますよね

今、日勤とかやったら凄く短く感じそうですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: