記事一覧

俺がタクシー会社に入った理由

昨年の今頃だったと思います

タクシー会社の説明会巡りをしてたのは

俺の場合は、とにかく前職が嫌で嫌で

精神的に参っておりました

そんな中で何社かタクシー会社の説明会に行って今の会社に決めました

まあ、ここはサラッと

『1番まともそうだった』

以上

酷いところなんかは

ホームページからメールしても返信すらない

メールしたら全く別人の名前で返信が来た

この業界大丈夫なの?

って不安になったものです


そもそも、更に巻き戻すと

『IT業界が嫌なのは分かったけど、じゃあなんでタクシー??』

ってところですが

・過去、ホテルマン・バーテンダーをやってたから人と話す仕事に戻りたかった

これが大きいんですよね

俺が居た会社がたまたま悪かった(合わなかった)だけかもしれませんが

IT業界の人間って、なんか薄っぺらかった

色々と理論立ててる風には話すけれど

実体が見えてこない

というか

要は

口だけは達者

みたいな人が非常に多かった

だから話しててもつまらないんですよね

『あー、また煙に巻くのね、はいはい』

って感じで聞き流したくなる人が多かった

その点、ホテルマンやってた頃は、クセは強いけど真っ直ぐな人達が多かったというか

また、お客様も色んな人が居て

まあ、たまたまかもしれませんけどね

『じゃあ、また飲食の接客業に戻れば良かったんじゃない?』

うーん、、、

俺も40歳過ぎてますし

これから、また昔取った杵柄で飲食に戻るのは色々とリスクがありました

・お金が安い
これがまず大きい

やはり家庭もあるし食わせて行けないのでは意味が無い

・縦社会
飲食業界ってのは、結構な縦社会

40歳で出戻りで飲食業界に入って

年下の先輩とかに頭下げて〜

ってのも正直キツイよなぁ〜

って

まあ、先輩は先輩ですからね、そんな甘い事言ってらんないのでしょうけど、俺は嫌です


では、なぜタクシーに?





『ネットで仕事探してたら、めっちゃ広告が出て来るから見てみたら良さそうだったから』


コレ、、、かなぁ?

いやね、IT業界に居た頃から、なんか自由そうだなーとか思ってたんですよね

ただ

・給料が安そう

・なんか底辺そう

・客が恐そう


こんなイメージで二の足を踏んでました

世間一般的なイメージそのままですかね 笑


ただ、去年の今頃はホント、とにかく仕事が嫌で嫌で

藁にもすがる想いでタクシー会社の門を叩いておりましたね

自分なりに色々調べた結果

タクシーは、会社選び間違えると詰む

ってのが段々分かって来ました

で、色々と調べた結果、今の会社が

最もまとも

という結論に至りました


最初は眉唾ものだった給料の話も

今思えば

あー、ホントの事だったんだー

という感じですかね

胡散臭い広告が沢山ネットには溢れてたから

半ば騙されても仕方ないか

くらいで飛び込んだけれど

まあ、そんな事も無かったなあ

ってのが素直な心境


完全に歩合制みたいなもんだから

毎日がスリリングなんだけど

それも俺みたいなグータラ人間には向いてるような気がします

時給や月給が固定だと

如何にしてラクをするか?

みたいな思考でしたからね俺は


タクシーでそんな思考だと

手取り10万とかになっちゃうからねぇ

それなりに仕事というものと向き合えるようにもなったというかね


これから転職先の候補として

タクシー会社を視野に入れてる人が

万が一このブログ読んで下さってるのであれば

ま、悪くは無いですよ

都内なら手取り30万〜40万くらいなら

いけると思いますからね


『いやー、でも俺はサボり魔だからなぁ』

って人

こんな人は是非タクシー運転手やってみてください

全く同じ俺みたいな奴が、それなりにやれてますから

要は、ケツに火が付かないと頑張れないタイプなんだと思いますよ、そういう人は

夏休みの宿題を29日くらいから仕掛けるような人

そんな人には向いてますよ多分





更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

私の場合

いつもお疲れ様です。

私の場合、前職は超ブラックで、この先何の改善も見られないのでバカらしくなり、新しい仕事をしようと思ったのがきっかけでした。
もともと車の運転が好きだったこともあり、この関係の仕事を探していたところ、二種免許の教育給付金制度があることを知り、免許を取ってタクシードライバーになろうと決心しました。

私もタクシードライバーになって約7ヶ月、確かに給料の部分は歩合制のため努力が必要ですが、今の仕事には満足しております。
何よりもサラリーマン時代特有のうっとおしい人間関係などありませんし、自由な時間が多いのが魅力です。

参考までに、先日会社で「ストレス度チェック」なるものをやったんですが、「あなたは余りストレスが無いようです」との結果でした。(笑)

しばさんもおっしゃるように、タクシードライバーに興味をお持ちの方、是非業界を覗きに来て下さい。自由が一杯で楽しいですよ。晴れてタクシードライバーになられたら、またここで楽しくやり取りしましょう!!

都会出身の田舎者さんへ

コメントありがとうございます

人間関係が鬱陶しくないのもホント魅力ですね

俺は最初に師匠でもある
ギャンブラーさんのブログを見て
『ああ、俺と同じような境遇からタクシー始めた人も居るんだなあ』
ってところからギャンブラーさんにメールして、そこから背中を押して貰ったという経緯もあります

当時の俺みたいにもがき苦しんでる方が居たらタクシーを試してみるのもアリかなと思いますね

Re:俺がタクシー会社に入った理由

私も、元IT業界。
確かに、この業界には、”口だけは達者”の人を結構見掛けました。
しかし、私は、そんな人等は視野には入れずに、自分の信頼する人達だけと仕事の遣り取り。
お蔭で、リーマンショック迄は喰ってこれました。

私が、タクドラになった理由は、
「他に中高生が就ける仕事がなかったから」
しかし、何とかこれまでやって来れました。

ゴマちゃんさんへ

コメントありがとうございます

口だけ達者な人はホントうんざりでした

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: