記事一覧

日本シリーズ 広島が連勝

野球ネタです

土曜から始まった日本シリーズ

広島が連勝で札幌へ乗り込むという最高の形

初戦の大谷も小技と大技で攻略

そして2戦目の増井も同じように攻略

采配も冴えてましたね

初戦でマルチ安打した安部を2戦目ではベンチへ

そして小窪を起用

右投手相手には左打者をスタメンにするのがセオリーという考えが浸透してる昨今で

敢えて右打者を起用し、その選手が先制タイムリー

また、勝ち越した場面の采配も秀逸でした

タイムリーエラーをしたセカンド菊池が

無死2塁で打席へ

普通なら送りバントですが

手痛いミスをしていた菊池も

バントではなく挽回したいと思う場面

打たせて行き、見事タイムリーヒット

挽回出来ました

ああいう采配は本当良いですね

血の通った人間の采配


あと、気になったのが

日ハムベンチの緊張感の無さ

広島のベンチは皆んな神妙な表情なのに

なんともヘラヘラしてる選手が多く映った日ハムベンチ

そういうところをガツンと言えるベテランが居ないんでしょうかね

ちょっと不愉快でした



日ハムが苦戦している理由としては


新井が出て来ない


これに尽きるでしょう

3割100打点の選手が

全く出て来ない

普通なら真っ先にマークすべき選手

広島がCSで横浜の筒香をマークし

日本シリーズでは日ハムの中田をマークするのと同じく

日ハムからすればポイントゲッターである新井は徹底マークしてきたハズ

なのに出て来ない

そして出て来たのは代役扱いの松山

松山もノーマークでは無いにせよ

新井と松山、どちらを熱心に研究したかといえば

まあ前者でしょう

現に、松山という打者は完全なるローボールヒッターなのに

低めを攻め続ける日ハムバッテリー

昨日はノーヒットながら、完璧に捉えられた打球が多く、たまたま野手の正面を突くというもの

逆に言えば、これこそが広島の強みでしょう

マークを分散出来る

選手層が厚く、結局のところ、誰を重点的にマークすれば良いのかが難しい

どこからでも1発が放てる打線

今シリーズでは

松山がシリーズ男になる可能性が高いと見ます



明日から札幌で三連戦

短期決戦はひとたび流れが変わると

ガタガタと行くので、札幌で決めちまって欲しいですね



更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

日ハムは完全に飲まれてる

日ハムは完全に飲まれてる。
マツダスタジアムに飲まれてるのか?
日本シリーズに飲まれてるのか?
第1戦の広島先制点が入った時。
あれ、草野球や少年野球では定番シーンじゃないですか?
露骨に1塁ライナー無視!と叫ぶか?
サインプレーでピッチャー、ショート、セカンドカットで本塁死守か?
スクイズ失敗でリセットできてからですからね…
まあ、あれは大谷のサインミスと言われてますが、あれ?それで入る?と思いました。

第2戦のビデオ判定の後。
ビデオ判定でプレーは完全に止まっていたので、あそこでもリセットできたはず。
また、栗山監督もビデオ判定に抗議して(覆りませんが・・・)時間を稼ぎリセットさせるか?抗議して俺達は勝ちたいんだ!と言うパフォーマンスを見せるべきでした。
で1塁悪送球で1点。更にエルドレッドにちゅどーん!

こりゃ広島日本一になるな?と思いました。

ただ、日ハムはマツダスタジアムに飲まれていたのかもしれません。
札幌に帰って、リセットできるかもしれないですが、そこに広島は黒田先発ですよ!

最初、札幌で黒田先発?なしだろ?カープファンに失礼だろ?
と、思いましたが、こういう展開ならありですね?

情報ライブミナミ屋さんへ

コメントありがとうございます

ここまでは圧倒してますが札幌でどうなるかですね
ここで黒田

今のところ、またエルドレッドが打ってリード中!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: