記事一覧

タクシーで稼ぐには

稼げてない俺が書くので信憑性はありません

あしからず

俺は以下の3つを知る事が大事かなと思ってます


・道
・人
・己


お、なんかちょっとカッコイイ


■道

例えば、同じ目的地に向かうでも
空車ならば
・お客さんが手を挙げてくれそうな道

か、その目的地に着けばお客さんうじゃうじゃいると分かってるならば

・最短距離でその目的地に行ける道
これらの道を通らないと効率悪いですね
その為には道に詳しくならないと

実車の場合は多少話が変わります
お客様によっては
最短距離ではなく
好きな道
ってのがあるんですよね

それなのに

『こっちの方が近いですよー』

とかは言わない方が無難

誰だって自分が好きなものを否定されるのは気分良くないですからね

素直に好きなルート聞いてそのまま進行で

■人

これは、やはり曜日や時期によって人の動きが全く違うので
例えば給料日
やはりパーッと飲みたくなりますよね
更に翌日が休日ならば尚更ね
その場合はどこに集まるのか?
何時くらいに帰宅するのか?
とか、まぁ、この辺りはもっともっと知る必要がありますね


■己

やはり自分の能力以上のものは出せないので
自分が出来る事をすれば良いと思ってます
自分の稼ぎが少ないと嘆くならば努力しないとダメだし、このままで良いと思うならば自分がやれる事をやれば良いし
俺は今のままだと生活が厳しいので、自分ならばもう少しは上積み出来ると認識してもう少し努力しようと思ってます
まあ、人間そんなすぐ能力伸びないので、自分なりにやれる事をやろうかなと


重ね重ね、稼げる奴が書けよ!
って感じはするけど気にしない気にしない

更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

お疲れ様です。

毎回拝見してて勉強になります。
「素」で更新して下さい。

お疲れ様です。

毎回拝見してて、勉強になります。
ブログは「素」で更新して下さい。

クラークさんへ

コメントありがとうございます

ん?
素直な素ですかね?
頑張ります

しばさんご無沙汰しています。

前回の率直なブログ読んでいてコメントしたくなりました。

お世辞ではないですが、適当にやってると言われている一方、それでもしっかりとこの仕事と対処しているのはすごいと思います。そう思ってハンドルを握っていない人が多数だからかもしれませんが。
 
でも、いつまで続けられるか分らないけどそれまでは頑張ろうというのも しばさんらしいなあと思います。
しばさんんの言葉を借りれば 何でもありかなって感じですかね。

自分も今年の受験のシーズンが終わったらタクドラ、ハイヤーのいずれかやるつもりです。

タクドラも捨てがたいですね。実際やると大変だと思いますが。

本当に参考になります。何か友達の話を聞いているようなので。

Re: タクシーで稼ぐには

>『こっちの方が近いですよー』
以前、比較的に若い女性がお乗りになり、ご自宅への依頼で指示されたルートが遠回りでしたので、私がルートのアドバイスをした事があります。
しかし、その後、これを反省。
「人其々に好みのルートがある。指示されたルートを行くのがベスト。」
と思うようにしております。

gomaちゃんさんへ

コメントありがとうございます

そこが難しいところですよね

早くて近いルートが好きな人だけでは無いんだなと毎回思います

予備校講師さんへ

コメントありがとうございます

コメント見落としておりました
失礼致しました

おお!遂に転職ですか!

この仕事、やり甲斐はありますよ
俺が思うに、度胸
これが大事ですね
知らない道とかエリアもガンガン行く勇気
無謀な運転をするのは勇気ではなく単なるアホ

お客様も変なの居ますから、変なの来た時のシミュレーションをしたり、先輩に対処法を予め聞いておいたり

応援してますぜ!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: