記事一覧

乗務159日目、160日目 無残

32回 47K

回数はいつも通り少なめ

40回くらいやりたいんですけどね

30回前後に落ち着いてしまいます

出庫から青タンまでが17K

まあ、普通な感じです

が、ここからが

青タンから5連続ワンメ 笑


それも、間髪入れずならば問題無いのですが

流して流して、ようやく見つけたお客様が全てワンメ

キツイっす、、

まあ、日曜日って事も向かい風でしたよね

そんな5連続ワンメやってるうちに街は空車祭り 笑

お客様無し

こうなると、もう動けず

エリア変えて色々やるもスカスカ

青タン中に休憩全消化して、朝に期待

おそらく青タン最低記録でしょう


730円×5=3650円

ヒドスw

なんか、無駄に空車で地元に戻ったり

意味不明な行動もしたし(しかも何も無かった)


朝、約27Kやれて、ようやく47K

日勤やれば良いのかなぁ?

でも、日勤もキツイよね

あの朝のバタバタを効率良くこなす自信無いし

毎日洗車するのも正直嫌だ 笑

でもなぁ、、

こんな売り上げ続くようだと

家計がもたない

俺と嫁は別居中

家に入れる金と俺自身が生きる上で発生する金

払いきれません


頭下げてまた家に戻るか、、

それはそれでなぁ

離婚して、母子家庭手当て


色々と考えてます


俺がもっと稼げたらなぁ


情けないです

更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

長い目で見たら、今からハイヤーの方が稼げるのでは。タクシーは歳をとってからも出来ますし

Re: 乗務159日目、160日目

>こんな売り上げ続くようだと
私も同様です。
この先、不安になります。

>頭下げてまた家に戻るか
どうするのか。
思案の為所ですね。
かつて私も似た様な決断を迫られた事があります。
その時は、
「どうせ離婚してお金を払うならば、離婚せずに行けば出費は抑えられるか。」
と決断しました。
今、それが良かったのか否かは難しいですが。

通りすがりさんへ

コメントありがとうございます

そうなんですかねぇ
ここまでセンス無いと考えますね

gomaちゃんさんへ

コメントありがとうございます

悩みは尽きません

うちは共働きなので、営収の個人目標はしばさんほど高くないのですが。
今の自分では必死にやらないと届かないので思うようにいかないと悩んでしまいますよね。。。

この前知り合いのハイヤーの新人やってる方に話を聞いたら、月12勤務で90~100万(そこから取りが何%かはわかりませんけど)と聞いてちょっと悩みましたね(^_^;)))
まあ二年の縛りがあってまとまったお金もないので、考えられないんですけどね。

ペンパルズさんへ

コメントありがとうございます

そんな良いんですか??
うーん、、、
ホント考えちゃいますねぇ、、

しばさん、オバンです(・∀・)

ちょっとした知り合いに聞いたNハイヤーのオハナシ。

・タクドラで隔勤50k行かない人はハイドラの方が稼げる。
・タクドラでそれ以上行ってる人でハイドラになるメリットはハンドル時間が短い≒事故違反の確率が減らせる。
・ハイドラはハンドル時間が短い代わり?に拘束時間は長目。
・夜討ち朝駆けは基本中の基本w

どちらがどの位良いとかというよりは、その人のライフスタイル次第かなと思います。

上記の件は先輩からお聞きした上で選択肢からは外れましたが、前前前職で仲良くさせて頂いていたハイドラさんからのリサーチも含んでいます。
某テレビ局での東都さんの例です>固定、半固定のハイドラさん

ミンクさんへ

コメントありがとうございます

Nのハイヤーはそこそこ稼げるけれど激務って噂を聞きますね
うーん、でもタクシーでもう少し経験しないと厳しいのかなぁ
とか
もっと経験してから考えてみようかな

ありがとうございました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: