記事一覧

いつも閲覧ありがとうございます

ガラにも無くしおらしく

いえね、俺がブログ始めたのは昨年の暮れなので

そろそろ1年経つなぁ

なんて思って、ちょっとしおらしい記事をば

今日の乗務で

何だかんだ158日目

全く関係無いけど明日は誕生日



この仕事始めて

始める前までと比べてモチベーションは確実に下がってます

ゆえに、初期に励ましてくださった方々はガッカリしてるかもしれません

まあ、でも今の俺が俺なんです

すんません、こんなで


が、こういうものって

結局は日記みたいなもので

自分を偽って綺麗事を書いてても

何の意味も無いと思うんですよね


死ねよコイツ

と思った奴が乗ったら

死ねよ!

って思ったって書くし


良いお客様が乗ってくださった際には

ホント助かってますし




助かってる

これは本音ですね


金八先生の話じゃないけど

人って1人では立ってられないと思うんです


1本の棒が斜めになった時(モチベーション下がった)に


ひょんと


足が不自由なお客様が乗ってきて

『運転手さん、助かったよお、少ないけど取っておいておくれ。コーヒーでも飲んで』

と、置いて行ってくれる100円玉

この言葉や誠意に

傾きかけた棒を、また戻して貰えてるというか


人が人を支えてる

支え合ってる

こんな事を書くとクサイけれど

あながち間違っても無いんだろうなと


ただ、敢えて異論を唱えるならば



って字みたいに、一対一では無いと思う




の右の横には

小さな\

が無数にあるんですよね

/\\\\\\\\\\\\←バックスラッシュは小さめとして


こんなイメージかな


要は特定の人だけから支えられてるわけではないと言うかね

ちょっとした事で助けられたり助けたり


その\

の人達に感謝するか

当たり前だと思って支えられ続けるか

その認識の違いによって

人格って変わるのではないかと



こんな売り上げもクソなダメタクドラは思うわけです



ま、でも


クソな奴は死ね



更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

No title

おはようございます。バス運転士の松井です。まずはお誕生日おめでとうございます。私も、今の会社で仕事を始めた頃と比べたら… モチベーションは下がりっ放しです。暴言を吐く乗客なんかよりも、昔から変わらない上司らの“ゴマすり優先主義”に辟易しているからです。ま、非常識な上司らが好き勝手やり続けるなら、こっちも自分の常識で判断して… 上司らの評価なんて気にせず仕事を続けるだけですけどね。そういう運転士さんは多いと思います。タクシーも大変な仕事だと思いますが、頑張って下さい。

Re: いつも閲覧ありがとうございます

私は、現役バス運転士より
「タクシーに移ろうかな。どうなんですかタクシーは?。」
と聞かれた事があります。
しかし、返事は即答で
「バスの方が良いですね。バスは1対Nの関係ですが、タクシーは1対1の関係で、余計なストレスが増えますよ。」
私もタクドラになり、気持ちの面でも紆余曲折ありましたが、最近は、自分のスタイルをほぼ確定した感です。
最も、それに反して売上が厳しい状況ですが。

松井さんへ

コメントありがとうございます

なんか、そういうサラリーマン的な要素があるのは嫌ですね
俺もゴマスリとか気持ち悪くて出来ません
無事故無違反で頑張りましょー

gomaちゃんさんへ

コメントありがとうございます

バスもタクシーも質の違った大変さがありますよね

共感します

きれいごとの方が美談になるのでしょうが、
現実はそんなことが1%あればいい方でしょうね。

とても共感したのでいきなりですが、
コメントさせていただきました。

UHBさんへ

コメントありがとうございます

良い事があれば、それを題材に記事書きたいんですが、最近はなんかイラつく事ばかりで 笑
美談が書けるよう頑張って来ます!
今から出庫です
バースデー乗務

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: