記事一覧

乗務149日目、150日目 ワガママさん

30回、63K

色々悔いが残る乗務でした

無線で呼ばれて人形町→亀戸

どうやらお医者様が製薬会社主催の講演会にお呼ばれ

そして、車内の会話で、その先生は新横浜にご自宅が!

亀戸→新横浜

なかなかえーど!


降りる際に、その製薬会社の人に

『帰りもボクちん送るよー』

って、一声掛けてれば良かったけど

慌ただしく2人で降りて行ってしまって

声掛け出来ず


亀戸、、、

不慣れな場所でそこそこに営業して

その講演会が終わる時間に合わせて

無線の優先権を発動!!

も、、、

鳴らず、、、

で、講演会会場に行ったら、もう完全に建物自体閉館しとるw

ちゃんと予定表みたいなの確認したのになぁ


こういう時は臆さず積極的に

『帰りもボクちん送るよ!』


って言わないとダメだなぁ

図々しいくらいがちょうど良いのかもね、この仕事で稼ぐには



ま、そんな事もあって半端な数字となりましたが

朝を迎えて

無線で呼ばれた家に到着

その家の前は狭くてね

車停めてると、通行車がスレスレで通れるか通れないか

で、ようやくお客様出てきて

『急いで!』


こんのBBA〜、、、

こっちは急いで時間前10分に来てんだよ!!


20分も遅れて来て

急いで!!


ワガママだ


で、さらに


発車しようとした時に

また通行車が

当然、スレスレだから俺は動けません


『何なの!あの車!図々しいわね!!自分さえ良ければ良いのかしら!!』

ブチギレてますw

あんたも

図々しさ選手権 が開催されてたらトップアスリート級ですぜ


ま、怒りの矛先は俺では無かったから良いけど

で、車内では

『玄米と東洋医学は素晴らしいのよー。健康に興味ある??』


そこそこに話を合わせたけど

これからも白米バクバク食って西洋医学に頼ろうと決意

あんなワガママになりたくねぇもんw


更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

しばさん、お晩です(・∀・)

玄米+東洋医学+BBAのコンボw
やっぱり銀シャリが正義ですねぇ。

急かす客は一定数いますよね。
私はそれも嫌でタクドラやめました。

Re: 乗務149日目、150日目

先日、私も発車しようとした時に脇道から出て来た車にぶつけられそうになりました。
ところで、
>20分も遅れて
これは酷いですね。
それなのに、
>『急いで!』
とは、酷さに追い打ちを掛けますね。

No title

お疲れ様です!!

いやぁ~、亀戸ですか!!懐かしい地名が出ました。実は私が最初に社会人になった時、東京勤務を命ぜられ、1ルームマンション形態の独身寮に入居したんですが、これが亀戸にあったんです。というか今もあるんですけどね。

休みには会社の先輩達とこの辺りをよく食事に行きましたよ。ところで餃子とか好きですか?もし時間と興味があれば、下に紹介しておきますので、是非覗きに行ってみて下さい。

亀戸餃子本店
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13003078/

すえちゃんち
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13100590/

東京に居た当時はよく行ったものでした。
また行きたいなぁ。

今日もタクシーネタでなくてスミマセン。

ミンクさんへ

コメントありがとうございます

やっぱ銀シャリ最高です!

ちゅーたろうさんへ

コメントありがとうございます

急かす人多いですよね朝は

gomaちゃんさんへ

コメントありがとうございます

狭い道は厄介ですよね
事故りそう

都会出身の田舎者さんへ

コメントありがとうございます

餃子大好きです!自分でも作ります
今度行ってみますね
ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: