記事一覧

某大型掲示板のタクシー関連の板

色々と愚痴ってる人が多いですね

まあ、酔っ払いとか嫌な客がどうたらって話は、まだ未経験ながらも共感出来ますけど

儲からないし辞めるわ

とか

こんなの底辺の仕事だわw

とか

そんな奴らは恐らく何の努力もしてないだけなんだろうなと

私が良く見に行く先輩方のブログでも、勿論愚痴はあれど、皆さん楽しそうなんですよね

前の記事を書いた直後にこの記事を書いてるのは、なんか、その部分を絶対無くさないようにしないとと思ったので備忘録として

これからはタクシー運転手なんて運転自動化技術が進んで無くなる

とか

お前は何歳まで生きるつもりなのかと 笑

そんな頃には骨になって地中に埋まってるから安心しろとニヤニヤしながら眺めてます

前の記事にも書きましたが、この仕事は恐らく目的や目標を作りやすい

語弊があるかもしれませんが、『その部分』に関しては簡単、単純
(仕事が簡単だとか甘く考えてるわけではありません)

ただ、世の中には、そういう単純、簡単なものほど奥が深かったりするものが往々にしてあったりするわけで

その簡単、単純なものをどのような持っていき方をするかって何通りもあると思うんですよね

例えばパズルゲームのテトリス

あれって、その簡単、単純だけど奥が深いものの代表的なものかなと

その後、似たようなパズルゲームが多く出てますけど、基本的にはテトリスのパクリというか、オマージュ作品というか

まあ、それは別に良いとして

麻雀だって単純なんですよね、やってる事は

13牌配られて、上手くやれよと

みんなが同じ手順(牌を持って来る)を繰り返して

毎回13分の1の選択をして決断(牌を切る)

13人の選手を率いる監督ですよね

その監督の采配によって

強い者と弱い者にクッキリ別れる

強い人でも13牌が最初からバラバラだとキツイが、そこで引き出し(役の知識)があれば、その事態からの回避や対策が錬れる

逆に弱い人でも13牌揃ってればアガリに容易に向かえるが、そこで引き出しが少ないと、本来なら高い役に向かえたのに安い着地点に向かってしまう


これをタクシーに置き換えるならば

13牌配られる、ツモる=車を与えられる
※平等部分
13分の1の選択=テーマや信念(コース選択)
13牌の初期状態=運
※引き出し(知識)の量次第で好機にも危機にもなる
強い者=稼げる者
弱い者=あまり稼げない者

なのかなと

共通している事は

共に必勝法は無いにせよ(運に左右されるので)

『勝率を上げる「何か」』は必ず存在しているわけで、その「何か」を得るたびに知識として蓄積・実行出来た者こそが勝者

フワフワと浮遊する好機と危機

それを掴むのも回避するのも

決して運だけでは無いと思うんですよね




と、こんな偉そうな事を書いてるくせに更新がパッタリと止まったら、その軽蔑してるような奴らのように腐ってるんだと思うので、そんな時は


人混みに流されて変わって行く私を遠くで時々叱って下さい

あなたは私の青春

酢の物〜

以上、ユーミンからのお願いでした

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: