記事一覧

【第7回】タクシー運転手を目指してる方へ

こんな、まだ保証期間中で、しかも売り上げは同期の中でも下から数えた方が早い、テキトーそうな奴が偉そうなタイトルでお送りするシリーズも今回が第7回

いいのかな?


いいんです


今回は、この仕事の大敵

■焦り

そして、その焦りに付随して大切な

■プライオリティ

これらをテーマにくだらないことを沢山書いていきます

焦り

焦るんです!

タクドラの仕事は焦りの連続です

・急ぎのお客様
・思うように売り上げ上がらない
・早く帰庫しないとオーバーしちゃう!

他にも色々あると思います

ここからは(というか、このブログに書いてある事の大半はそうですが)個人的な考えですが

『いや、俺はそこまで焦らないよ』

という考え方の人は危ないと思います

俺は思うんですけど

こういうのは

『認める』

そこから始めないと、成長出来ないと思うんです

俺は大丈夫→何もしない

俺も焦る→ではどうする→???

この???

部分が己に加わった時こそが成長した

そう思うんです


なので、俺は『焦る』

事実、GWでは焦ったし

その焦りから、変なドライバーに煽られて煽り返したりカスみたいな事もした

本当に大敵です

基本、ノホホンとした俺でも

そんなアホなカスな行動に出る焦り


ではどうするか???


焦りという大敵の存在を認めた上で


プライオリティ


これを設定する

自分なりに2つの

『人生の選択肢』的なものを設定する



例えば、売り上げが上がらなくて焦った時


A.引き続き焦りながら営業して売り上げ狙う

B.休む。売り上げ?シラネ

そして、このAとBの次の展開を

『想像する』

Aは、やはり事故や違反のリスクが高まる
で、仮にやっちまったとする
ここから、更に分岐はある
事故や違反の大小という分岐

大をやったら

人生終わりですよ

たかだか、数万円、数千円の売り上げ追って人生終わり


Bは?

まあ、休憩が万能かどうかは分かりませんが

Aを続けた時よりはリスクは減るでしょう
で、売り上げも減るかもしれませんね
ただ、この仕事は運の要素も強い
というか、ホント読めない事が起こる

休んでたらロングのお客様が窓コンして来たりなんて事も普通にある

頑張ってもダメで
サボり気味でやっても売り上げ良かったり

そんな事も起こりうる


なので、とにかく焦りを感じたら


休む!!!


これで良いと俺は思ってます

そして、休む前、もしくは休みながらで良いです


『あのままやってた俺と、休んだ俺と』

その2つの運命の分岐を想像する


どっちが良い??


またまた例えますが

お客様の行き先の道が分からない時

A.道知らないとか恥ずかしいし、怒られたくないから知ったかぶってスタート

B.道知らないのは事実、全面的に非がこちらにあるんだから、素直にゲロってからスタート

Aの未来は

・そのまま何もなく到着し、イケてる運転手風味を味わえる
・やはり何か起こる。なんで先に知らないって言わないんじゃボケがー!と怒鳴られる→会社やタクセン経由でクレーム

Bの未来
・怒られる、呆れられる、馬鹿にされる、降りられる、お金貰えなくて自腹
・あ?新人?いいよ、教えるわ!で、スタート


圧倒的にBの2つ目のお客様の方が多いですから!

これは俺だけではなく、同期も先輩もみんな口を揃えて言ってますから

どうかご安心ください

で、万が一、Bの1つ目になったとしても

それは自分が悪いんだから

Aの2つ目になるより全然マシじゃないですか?


こんな感じで

『最悪のケースを常に想像する』

そして

『それを回避出来る他の方法も想像する』

この思考は持っていた方が良いと思います

結局のところ

『どっちがマシ?』

の、 『どっち』の2つは

自分なりに想像して設定しないとダメなんじゃないかなと思うのです


肉と骨、どっち切られたい?

って感じでしょうかね?

肉なら短時間で何とかなりますよ(痛いけど)

骨は時間かかりますよ

骨ならまだ良い

心臓や脳までやられるパターンも数多く存在する


しつこいようですが、死亡率はサラリーマンより間違いなく高まる

が、これも意識次第では低く出来る


不摂生して、危機管理が甘いサラリーマンと

運動不足になる仕事だと認識して体調管理して、事故やクレームに対する意識が高いタクドラ

後者の方が長生きするんじゃないですかね

とか、こんな偉そうな事を書きながらタバコ吸ってるんですけど、、、


■まとめ
・焦るな!とか、焦らないよ、ではなく焦るものなんだと認める
・焦ったら休む
・休んだら、自分なりに休まなかった自分と休んだ自分の未来を想像する
・新人時代は怒られるのは仕方ない、怒られたくないからお客様を欺くと、それなりの報いが待っている
・タバコは、、、ヤメ、、たい



ポチッと。更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

Re: 【第7回】タクシー運転手を目指してる方へ

私も、この稼業に対しての仕事の取り組み方に色々と変遷がありました。
今は、
「自分なりに」
と、マイペースです。
お客様に寄って、道を確認したりしております。

gomaちゃんさんへ

コメントありがとうございます

やはり無理せずマイペースが1番ですね
長くやる為には

365日の紙飛行機

まあ、難しいですね?
私もうまく文章にまとめられるか・・・

私は常々若いときから結果よりも過程を重視すべきでなんだと言う考えで、営業をもう辞めようと思ったのも常に結果のみを求められるから馬鹿馬鹿しくては辞めました。
で、うちの会社は本当にそこを重視してくれるのが嬉しいです。
売上に走ると事故するぞ!
自己中な運転すると、世間の皆様からクレームくるぞ!
と、いくら上げろとか言いませんね。

あと、ちょうど入社して間もなくNHKドラマ「あさが来た」が始まり、その主題歌「365日の紙飛行機」にこの仕事の極意が凝縮されている気がします。

朝の空を見上げ 
今日と言う1日が
笑顔でいられるように
そっとお願いした

ほんとお願いするしかないんですよね?
私のような若僧は。
歌詞の中にも私の重視する過程重視の事も言ってありますし。

焦りのコントロールですが、実は私は既に自損事故を3回もやってます。
3回とも一般車じゃ、修理しないレベルですね。(←自分で言うなって!w)
その3回目にうちの安全対策室長に言われた事が非常に印象に残っています。
接遇を100%にすれば、お客様も無茶言わない。
もし、コース間違っても接遇を100%していれば許してくれる事が多い。
だから、私は接遇重視でどんなに怖そうなお兄さんやおじいちゃんや堅物のキャリア系お姉さんもドア開けた瞬間にでっかい声で
「おはようございます!」
と声出せば、野球部じゃないですけど、怖くなくなる気がします。
「お兄さん、いいね?」と言われれば、ほんと運転に集中できますしね?

あとは事前に心の準備でしょうか?
これは接遇でも危険予測でもなるべく多く予測と対策を用意しておけば焦らないような気がします。

あと道を聞く事ですが、私を指導した班長は未だに
「私、新人です・・・」
と言って聞き出すそうです。
その班長曰わく、俺より年上の新人もいっぱいいるからわからんし、新人って言ったらお客さんも気持ちよく道を教えてくれsし、聞きやすいそうです。

情報ライブミナミ屋さんへ

コメントありがとうございます

なんか、ウチの会社と似てるなぁって思いました
ウチも売り上げの事なんか言われた事無いですね
みんな笑顔ですし

なんか、いつもイライラしてる乗務員の人が居るんですけど
言葉遣いも荒くて
その人は浮いてます

俺はタクシーっめそういう感じの人ばかりの世界だと思ってたから、そういう人が浮くほど、笑顔に溢れてる今の会社の雰囲気には驚きましたし、良い会社入ったと思ってます

AKBとか、あまり聴かないんですけど、、、

なんて思いながらユーチューブで再生したら

良い曲ですね!!

確かにタクドラとして聞くと当てはまるなぁなんて聴いておりました

俺は食わず嫌いなところがあるし、良いものは良いと認める心を養いたいですね

最近は、見た目が俺が嫌いなDQNでも悪く言わないように努力してます 笑

情報ライブミナミ屋さんへ

ちなみに、俺の課長も

ずーっと新人腕章つけて

新人です!

ってやってたみたいです 笑

まあ、アリっすよね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: