記事一覧

乗務49日目、50日目

どうも

神宮前の交差点と表参道の交差点の区別が付かなかったけれど最近ようやく分かってきた

しばです

昨日の乗務は、またまた歯が痛くなり、昼からの出庫に

更には、上司との添乗3時間

なので、売り上げよりは未知なるエリアの探索デー

銀座、全く分からなかったけれど

少しは分かってきた!?

とにかく、新幸橋と花椿通り

ここは怖いぞー

鬼が出るぞー



そう覚えておきます

いずれにせよ、ジョウキン(乗車禁止)中には暫くは近付かんどこ

むしろ、ジョウキン前の昼間にウロウロしてみるのも良いかもなぁ

12時以降とかは、渋谷や新宿居るよりはあの辺りいた方が手は上がるでしょうし


てなわけで、銀座を探索した後に

神楽坂

時間にもよるのかもですが

22時頃の賑わいようは

むしろ銀座以上!?

月曜日から盛り上がりを見せていました

ファンが多いエリアなんでしょうか


『銀座は騒がしいわい、ワシはこれくらいが好きなんじゃよ』


みたいなオジさまが居るんだろうなぁ

なんて勝手に妄想

仮に俺が金持ちなオジさまだとしたら

ギンギラな銀座よりは

そういう少し控えめな神楽坂とか

人形町とか

その辺りでシッポリと飲みたいなと思います


今度は神楽坂も流してみよーっと


んなわけで、14時に出庫して19時から23時頃までミッチリと添乗

課長直々の添乗、感謝!!


23時の時点で4.9k

わお!

もう、これはアカンわー

最低記録更新やわー

なんて思ってたら、麻布から大久保までお姉さんを迎えに行き、また麻布に戻ってくれたお兄さんや

秘技!身内!

従兄弟からの呼び出し

西麻布から横浜市神奈川区まで

途中、ラーメンをオゴッてもらう

そして、離婚の事を相談

従兄弟も結婚してるが

『正直、羨ましいと思っちゃったよ』

との事

従兄弟もあまり上手くいってないよーで、、、


従兄弟は早々にローンで一軒家も買っており

なかなか離婚には踏み切れんだろうなぁ

従兄弟の中でも俺とホント性格似てて

気が合う

また近々、プライベートでも会おうぜと

お別れ



そして!

遂に銀座デビュー!


ジョウキン明けで銀座へ飛び込んでみた!





人、イネー



まあ月曜日だし

時間は3時頃だし、、

なんて感じで六本木や西麻布へ向かおうとしたら

なにやらイケメン風なボーイさんに連れられた和服女性2人

ホステスさんですね

半ば強引にボーイさんに連れられ

『あ、◯◯(うちの略称)いるわ』

と、ボーイさんからご指名

これ、嬉しいですね

会社選び良かったなー

なんて思えた瞬間


で、和服女性2人が後部座席に


アルコール充満!!
充満こわい!
(苦いお茶がこわい)


お客様のアフターに付き合い、ご機嫌な様子


汐留→金杉橋

と、比較的近場


銀座でホステスさんはガッカリパターンだなんて

噂を聞いていたけれど

ま、そりゃそーよね

遠くから職場に通わないもんね


てなわけで出発!

2人の時はご機嫌

で、1人が降りると、、、




豹変!
※もう慣れましたよ




いやあ、絡まれる絡まれる


終始謝り通しで何とかお送りしました


俺が真性なドMで何よりでしたね 笑


ストレス溜まってるんでしょうね

お疲れ様です


その後、朝の通勤客に備えて

世田谷へジワジワ移動したいなー

なんて思ってたら

渋谷から西荻窪まで

ナイスなミドル!


西荻窪から環八使ってジワジワ世田谷へ

そして休憩

休憩明けてからは野沢通り近辺をウロウロと

そこそこ繋がる

で、三軒茶屋駅から

東京駅八重洲口まで


というお客様





やっちまいました、、、


高速ご希望だったので

ナビ入れて

『ナビ通り行きますねー』

なんて、やってたら

ナビが示した出口と

お客様ご希望の出口に相違

で、降りられず、、、
※お客様は霞ヶ関出口をご希望





イージーミス

入り口と出口は必ず事前確認しないといけないのに、、、


『ナビ通り行きますね』

なんてのは、雑も良いところ


言い訳にもなりませんが

やはり焦ってたんだと思う

添乗で3時間+規定の休憩3時間

6時間のロスタイムがあっても

『俺はこれだけの数字残せたぞー!』

みたいにして、営業所へ戻ったる!


という欲があり


朝の通勤客はテンポが大切

上手く立ち回れると、ポンポンポンと

短時間で20Kくらいは作れる

そんな、ノリノリな雰囲気の中で

比較的苦手な丸の内周辺へのオーダー

そこは、一旦ノリノリなモードは解除して

慎重に打ち合わせしなければいけなかった、、、


お客様は最終的には激怒

メーターの半額以下の金額でご了承


チョーシに乗り過ぎました

ホント雑な接客でした

情け無いし、本当に申し訳ない思いで意気消沈

キコ時間までに多少余裕はあったけれど回送にしてキコ

15回47K

そのラストの雑な仕事さえなければ、、

単価も良かっただけに悔やまれます

三軒茶屋駅から東京駅八重洲口

これは、霞ヶ関で降りるのが一般的なんでしょうね?

八重洲地下まで行くものだとばかり思ってました

思い込み、最低です

なんで、一言

入口と出口の確認を怠ったのか、、、

ホント、チョーシこいてたと言うほか無い


今月は残り、全て昼出に変更!


売り上げにこだわり過ぎて

接客が雑になる事が無いように

今一度、初心に戻って出直します


ポチッと。更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

しばさん、今晩は(*´ω`*)

課長さんの3時間添乗ですか!
ご褒美ですね(・∀・)

八重洲と言われたら直近出口がベターと思いきや、やはり確認カクニンとφ(..)メモメモ

No title

自分は朝一、甲州街道から都心部に向かいます。
八重洲ご希望の場合は、外回りで行くか内回りで行くかあらかじめ聞いておきますが、最終的には三宅ジャンクションの時点で、お客様の最終判断をあおいでます。
だいたいナビだと八重洲の場合は宝町か八重洲ランプでおりるようになってますが、結構遠回りなうえ
混んでます。
外回りで行く場合は代官町で下りて内堀→永代通り(または常盤橋経由)→呉服橋右折をお客様に勧めてます。
神田橋以降は混むことが多いですね。

三宅坂で外回り方面が混んでたら、内回りで霞ヶ関で下り、すぐ左折して桜田通で内堀もどって鍛冶橋通りあたりで八重洲に向かってます。

なお、八重洲の場合は、どこで降りるか必ず聞いておかないと、あとで困ります。
大体は大丸の反対側か、ヤンマーの前でOKですが、ロータリーに入ってくれと言われると
中央通を経由して回りこむ必要があるので、メーター2つ回っちゃいますので、お客様に了解を得る必要があります。

まあ自分もまだまだ新人の部類なので、先輩方とはルートも違うでしょうから、参考程度で

ミンクさんへ

コメントありがとうございます

我ながら、俺はとても良い反面教師な動きを見せてるので、よーくメモしておいて下さい 笑

慣れってこわいですよね
慣れてくると怠るんですよね確認を

確認は常にすべきですね
それがお客様との会話の重要性なんだと思います
いつでもお客様から話し掛けられるような態度、そして話し掛ける事が出来る関係性
大事です

tripodさんへ

コメントありがとうございます

詳細なアドバイスありがとうございます
そうなんですよね
反対車線から来る際はロータリー入るまでが大変になりますし、東京駅は確認が本当に大切になってきますね

高速はあまりにも不勉強過ぎました
お恥ずかしい限りです

必ずお客様との会話が出来る車内にしておかないといけないのはわかっていたはずなのに怠ってしまいました

No title

ごめんなさい三軒茶屋からでしたね。
それならもっと簡単です。
三軒茶屋から3号に乗って外回り霞ヶ関で下り、内堀→鍛冶橋通りですね。
ナビ進行だと、おそらく内回りで飯倉に行っちゃって、とんでもなく遠回りするんじゃないかな?

tripodさんへ

コメントありがとうございます

まさにそれでした
ナビはホント補助的な役割として考えて、何より高性能ナビであるお客様とのコミュニケーション
これを怠ると、とんでもない事が起こるという悪い例でした

これを仲間にLINEで伝えたら、その直後に同じようなルートのオーダーを受けた仲間が居て感謝されました 笑

同期も今は売り上げに躍起になってて違反や軽い事故が増えてます

慣れた頃が怖いという典型的な悪例

明日は気合い入れ直していきます!

Re: 乗務49日目、50日目

私も、つい最近やってしまいました。
お客様との交渉の末に、メーターの半額以下で妥協。

まさにボランティア活動。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: