記事一覧

用賀1交差点

昨日の乗務で

キコ間際の深夜

目黒駅付近から世田谷の深沢までという

お客様をお乗せした

ホロ酔いな感じのお客様

が、俺の乗務員証を見るや

『もしかして、あの事故で亡くなった人を知ってるの?』

なんて話に

俺は新人で、乗務時間も違ったので

面識は無かったんですが

と話しました

このお客様も、俺と同じくらい怒りを滲ませながら事故についてお話しされてました

防ぎようが無いですよね

一般道で160キロなんて常軌を逸してます

と、そんな話をしながらご自宅へお送り

世田谷、相変わらず迷路のようなところで降車

ナビもオートリルートを繰り返し

迷子に、、、

方向音痴っぷりがこういう時に出るのよね

うーん、、、、、

よし!こうなりゃ、俺の脳内ナビや!(要は勘です)


とにかくグルグルと周辺を走る

大きめな通り、大きめな通りへ、、、

そんな感じで迷う事数分

絶対に通った事が無いような道なのに

なぜか、見覚えがあるな

そう感じた交差点

交差点名を見ると

用賀1

ニュースで流れた事故映像が脳内に蘇る

ハッと気付く

俺は事故映像を記録してた車と

同じ位置で信号待ちしてました

だから、見覚えがあったんだなと

左折して、献花台の前で手を合わせるか

しばし迷いましたが

そのまま直進しました

視線を左に向けると

沢山の花がお供えされておりました

視線を戻して直進


直接、面識も無かったですし

なんか、そこで手を合わせる行為が

自分の中で、あざといというか

そんな気持ちになりました

接客では、敢えてあざとくやる俺ですが

こういう時に、あざとくやる気にはなれず

『ご冥福を〜』

みたいな言葉を

『ホントにそこまでを想ってるの?』

と、思いたくなるように、軽々しく使うようなのが

あまり好きじゃなくて


人が人を想うって事は

そんな軽々しいもんじゃないよな

なんて、漠然とですが思うんです

『俺みたいな面識も無く話もしなかったようなペーペーが、自分に酔って深夜に事故現場に車を停めて手を合わせる』

みたいな絵が、何かちょっと不自然というか、、

上手く伝えられませんが

『これが肉親や友人ならば、車を停めて手を合わせたかな?悲惨な事故ではあったけれど、他人と言えば他人だしな』

みたいな冷たい思考

そういうのが俺にはあるんですよね、昔から

そんな冷たい自分の思考を自己擁護するつもりでもないけれど

俺なんかより、村松さんを想う人達が

沢山手を合わせていれば、それで良いのであろうと

自分に都合よく解釈

嫌な奴だなと思う



こんな突然、命を奪われて

ご本人も無念だと

残された家族の気持ちを考えても胸が張り裂けそうになる

これは本心でそう思う

こんなペーペーでは何もお役立ちする事は出来ないかもしれませんが

安らかにお眠り下さい

という気持ちはこれからも忘れないようにします

仲間が殺されたんだ

この気持ちには嘘も偽りもありません



更新の励みになりますのでご協力お願い致します。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

スポンサードリンク

コメント

Re: 用賀1交差点

道端に供えてある花束を見かける事がありますが、そこを通る度に、余り良い思いはしません。
「明日は我が身とならぬ様。」

gomaちゃんさんへ

コメントありがとうございます

ホント、安全が第一ですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな40歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

shibata-sumitomo@hotmail.co.jp

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: