記事一覧

脂質代謝と糖質代謝 あなたはどっち?

毎日お医者さんと居るので
移動の時にちょっとした雑談で俺のダイエットの話となる

そこで知ったのは

・糖質代謝が得意な人
・脂質代謝が得意な人

これは先天的なもので決まってるらしい

例えば今の患者さんの中にも
生まれながら糖質代謝が悪く、糖をエネルギーに変える事が上手く出来ない
という子が何人か居るらしい

こういう患者さんには
今まさに俺がやっているダイエット法の原理である
『脂質を原料にケトン体を作る』
という治療をするようだ

具体的には
『MCTミルク』(中鎖脂肪酸ミルク)を飲ませる
MCTオイルが肝臓に届き、肝臓がケトン体を生成し
全身にエネルギーとして周る

というもの

そもそもケトジェニックはダイエットが先では無くて
癲癇やアルツハイマーの治療の為に100年くらい前から行われているケトン食治療
という方が元祖

ダイエットはその治療の副産物


そういえば俺は生まれた時かなりデカくて
医者から
『この子は糖尿病に気をつけた方が良いかもしれない』
なんて言われたとオカンから聞いた事がある

つまり、俺も糖代謝があまり上手く無い身体なのかもしれない

そんな身体なのに大量に炭水化物、糖質を摂取すれば処理しきれない糖が中性脂肪に変わって蓄積されるのも当たり前な話


人間の身体は初期設定で『糖質』を活動エネルギーとして選ぶ
が、全ての人が糖代謝が上手いわけでは無い
という事なのだろう

良く、メシもりもり食うのに全く太らん人居るけど
アレはもう糖代謝のエキスパートみたいな人達なんだろうね

血中に流れ出た糖質を全て何らかの形で処理して余剰分を出さないから中性脂肪として蓄積されない

もしくは蓄積されにくい


今朝で遂に−4キロに突入

あと1ヶ月やってみよう

痩せ我慢でも何でも無く
炭水化物や甘いものを食べたいとは全く思わない
肉食えるなら満足

今思うと、あの空腹感というのは
酒やタバコの依存と同じで
炭水化物・糖質が切れた時の禁断症状に似たものだったのかもしれない

今も当然腹は減るけど
ま、あとでゆっくり肉でも焼いて食ーおっと

という余裕がある
もう腹減って死にそう、何でも良いから食わせろー
みたいなガッツいた感は無い空腹感

同様に、腹が減って無いのに
『何となく時間だし何となくラーメンでも食うか』

みたいなのも1番やっちゃいけないやつだなと思う

まあでも炭水化物のモノはやっぱ美味いんだよね
7月1日にはダイエット成功記念で
とびきりの炭水化物メニューでも食べようかな
ビール飲みながら

スポンサードリンク

コメント

毎日米3合食うけど、全く太らない。
運動習慣はあるけど。

Re: タイトルなし

> 毎日米3合食うけど、全く太らない。
> 運動習慣はあるけど。

まさに糖代謝が得意な身体をお持ちなんでしょうな
そういう方が仮に太る場合は脂質が原因になる可能性が高いかもしれませんな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな48歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

ですが……

2020年には引退して現在フリーのドライバー

スポンサーリンク