記事一覧

連休を満喫中

先週までは料理や掃除に凝ってたんですが

最近はダイエット真っ只中

https://takudoralife.blogspot.com/?m=1
↑その記録


食いたいもの食って寝たい時に寝てたら

なんと91キロになってました

タクドラ前から比較して約15キロ増

さすがにヤバイという事でダイエット中


自分が連休中、仲間が乗ってる状況をチェックしてますが

出来る人は7〜8万はやってますね

日を追うごとに都内の感染者数も減って来てますので

油断は禁物とはいえ

そろそろ収束に向かってるのか?

それとも北海道や韓国のように

気を緩めた途端に第2波が襲って来るのか

人口密度が高い都内で第2波が来たら

あっという間に感染者が増えるだろうし

そうなったら何とか持ちこたえた飲食店の人達も

今度こそは経済的に殺される

我々タクドラも飲食店がやられたら自ずと殺される

油断してはいけませんね

そんな状況なのにパチンコ屋に朝から並ぶ奴らとか何考えてんだが

こいつらは
『感染しても病院に行きません』
とか念書でも書いてから来店しろ

そこまで命懸けでパチンコ打つなら何も言わない

給付金の10万もあっという間に溶かすから

経済回すには貢献するだろうし


あと1週間休みが続く


暇じゃの〜


更新の励みになりますので以下のランキングバナーをポチっとしてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

東京都の有名大手タクシー 無料転職支援サービス【タクQ】

スポンサードリンク

コメント

いつも楽しみに拝読させて頂いております。僕はタクシー始めて5年間、完全糖質制限していますが、運動なんかしなくてもスルスル体重落ちますよ。(とは言え楽しいので1時間位のスロージョギングはしてますけど)エネルギーを糖質ではなくケトン体に依存するケトン体質になって体調は絶好調。睡眠時間は短くて済むし(4〜5時間)頭もスッキリです。仕事中も眠くなりません。この時期に嬉しいのはケトン体質は免疫力を大幅にアップさせるということ。お酒も焼酎ウイスキー、辛口赤ワイン等蒸留酒ならしこたま飲んで大丈夫です。
研究してみませんか?

makkyさんへ

コメントありがとうございます

ケトン?ケトン体質!?
初めて聞いた言葉で
ケトンとしてしまいました


………。

すみません、調べてみます

情報ありがとうございました

しばさんは、タクドラを始めて太られた口でしたか・・・

私は逆で、前職末期の1年半に人生初の70kg超え15kg増も、特に何かをする訳でもなく、タクドラ2年あまりで元に戻りました。70kg自体は男性標準ですが、元々走る系の似非あすりいとwと言う事で。

距離やkm単位のタイムを気にせず、身体を動かす総時間が長ければ長いほど良いですよ。有酸素運動は脂肪燃焼だけではなく、ネガティブな気持ちを吹き飛ばせるから、こんな時こそですね。

私も全力なら、今でもそこそこ走れますが、基本的にはkm7~8分掛けてゆっくり、後は同じく歩くのも適当にはさみます!

脂肪燃焼のお供バーム500mlなんかも、今はドラックストアで100円以下と良い時代になりました。

No title

はじめまして。
記事拝見致しました。

この期間はどうしても体重増えてしまいますよね。

コロナウイルスも第2波が来ることは容易に想像できますし、
飲食店やタクシードライバーの方をはじめ、多くの会社に大打撃になることは間違いないですよね。

私は、コールセンター事業の経営を行っているのですが、
これまでの経験で蓄積したノウハウを広めるため
ブログやYouTubeなどで情報配信をしています。

ぜひ一度ご覧頂ければと思います。

今回の記事、とても楽しく読ませていただきました。
今後も引き続きチェックさせて頂きます^^

Re:連休を満喫中

一部規制解除されての我が仕事は、パチンコ屋への送迎。
また、完璧な三密の店への向かえの仕事。
これでは、感染第2波が来た時には、我が身もその中に含まれてしまいます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな44歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク