記事一覧

守破離 を仕事に当てはめてみる

https://kotobank.jp/word/守破離-689006

守破離

これは武道や茶道に携わった方ならば
一度は目にしたり聞いた事がある言葉ではないでしょうか

一応、こう見えても空手と剣道をやってたもので


色々と解釈はあると思うのですが

守……師の教えを忠実に守る

破……師の教え以外も取り入れながら精進する

離……守破を経て、自らの考えで型にはまらず動き始める


こんな感じなのかなと思います


現代の労働にも共通する部分があると思うのです

守の段階、いわゆる新入社員ですよね

やはり基本というものはとても大事です

この段階では素直に、たとえ違うなと思っても一度は受け入れる

結局、そんなペーペーが

『僕は違うと思います!(キリッ』

と反抗したところで世間は

なんだコイツ

ってなるだけです

そんな浅い経験が通用するほど世間は甘くない

俺自身、こんな勝気な性格なもんだから何度も反抗した経験がありますが

ある時、あー、あの時言われた通りだなー

なんて事はごまんとありました

そんなもんです、ガキの浅知恵なんて



ただ、俺が思うに世の中、この 守 で止まってしまう人が多いように思えるんですよね

言われた事をそのままやるという事には問題は無いけど応用が利かないというか

まあ、そういう人は業種によってはとても扱いやすいとも言えるでしょうから一概にそれがいけない事だとは思いませんが


離 の段階

これは人との出会いというのがキーポイントだと思います

同じ組織で同じ上司、先輩、同僚、部下とだけ会話してる中では中々違った風を取り入れるというのは難しいと思うんですよね

俺の場合は転職も多くしましたし、それ以上に仕事以外の場で出会った人との関係が今でも強い気がします

1人でバーで飲んだりスナックで飲んだり、最近の話ならばネット

以前も記事に書いたようにこの業界に入ろうと決めたのは現役運転手さんのブログを読んだ事がキッカケです

故に、自身に当てはめてみると、この 破 の部分というのは職場以外の人からの影響が強かったように思えます


で、離 ですが

これはもう、完全に別の事を始める

という段階だと思うので、俺はまだまだ

雇われの身で語れる事では無いと思ってます

例えばですが、このタクシー運転手という経験や、それ以前の職歴を生かして何らかの会社を設立

なんて時に語れたらなぁと思います

そんな金も経験も度胸も無いからそんな日は来ないかもしれませんが



前述したように



で、終わってしまうというのは業種によりけりですが俺は勿体ないなと

そこから 破 の段階へ行く為の努力を怠ってるんじゃないかなと思ってしまう

そこが一歩踏み出せると仕事も人間的にも幅が出て来るのではないかと

俺の場合は腹の幅だけが広くなっただけですが…


破 の段階まで行けば、離 への道すじはボンヤリながら見えて来ると思います


一回きりの人生なので、人から言われた事をそのまま鵜呑みにせず色々と咀嚼した上で行動出来る人間でありたいものです



更新の励みになりますので以下のランキングバナーをポチっとしてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

東京都の有名大手タクシー 無料転職支援サービス【タクQ】

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな44歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク