記事一覧

タクシー業界に入る前の疑問・イメージの答え合わせ

↓ランキング順位が下がって来て悲しいのでポチっと応援クリックお願いしまーす


ドライバー ブログランキングへ


と、その前に

俺がこの業界に入るのに背中を押してくださったのはこのブログの管理人さんです

http://taxi-driver-diary.com/

ギャンブラーさん

このブログに藁にもすがるような想いでメールをしました

当時の俺は、とにかく本業のITの仕事が嫌で仕方なく副業でレンタカー屋でバイトをしてました

レンタカー屋のバイトは主に回送
つまりは車を営業所へ移動させるお仕事

日中は道が混んでて効率悪いので夜中に移動させる事が多かった

夜中に車の運転をしてると自ずとタクシーが目立つ

元々、タクシーの運転手ってラクそうで良いなぁ〜
良く公園の横とかで昼寝してるし羨ましいなぁ〜
なんて思っておりました

そこでタクシー運転手の実情を知りたいという衝動に駆られてタクシー運転手のブログを探した

みたいな感じで前述のギャンブラーさんのブログに行き着きました


俺にとってまずレンタカー屋でバイトを始めた
というのも重要な転機だったと今では思います

別段、車に興味があるわけでもなく

むしろ男にしては車には興味が無い人間です
これは今でも

そんな俺が何でレンタカー屋でバイトを始めたかっていうと、ただ単に家から近かったから

これだけの理由でした

運転するのも特に好きではありません
今でもそうかもしれません

ただ、レンタカー屋でバイトしてるうちにひとつ強烈に感じた事が


『落ち着く…』


子供の頃から押し入れとか狭い所に入るが好きだったように思えます

外で遊ぶ時も板や段ボールを見つけて来ては秘密基地的なものを作ったり

都内で大雪が降った時はかまくらを作って中でラーメン食べたり


『俺は狭い所に居るの好きなんだな』


という記憶が蘇ったんですよね

今でも運転自体が好きというよりは

あの空間に居るのが落ち着く

ってのが、この仕事が好きな理由のひとつな気がします

これは個人タクシーさんの車内を見ても同志は居るなと思いますね

『ここはワシの部屋や』

って雰囲気出てる車、結構多い



前置きが長くなりましたがタイトルの
答え合わせについて


・タクシー運転手ってラクそう
→これは何をもってラクなのかと感じるか個人差あるとは思いますが

ラク

だと思います

俺の場合は精神面ですかね

良くこのブログでも書いてるように、あまり人間関係を円滑に進める事が出来ないコミュ障なところがあります

特に仕事絡みの上下関係とかは大の苦手

何でこの無能が俺に偉そうにしてやがるんだ?
みたいにすぐ上司や先輩に突っかかって行く性格ですので

そういうものから解放されただけでも大満足です

お金さえ払ってくださればお客様はお客様

どんなに悪態つかれようがその場でおしまいな関係ですので特にコミュ障の悪癖は出ませんからね

カラダ的にもそこまでキツイとは思いませんね

隔日勤務は負担は多いとは思いますが、それも個人差ありそうです



・タクシーは稼げるのか?
→これも人によっていくらからが稼げるというのか?
ってのもあるとは思いますが

稼げる

で、良いと思います

月給45万〜50万も可


こんなタクシー関係の広告が目に入った時は

そんなの無理なんだろ
と、思ってましたが、これくらいならば頑張れば比較的現実的な数字だと思います

俺は去年の11月が最高記録で額面で62万くらいでした

『〜万円可!』

みたいなので初めて自分で到達出来たのが今の業界です



・タクシーで何万円も使う人いるの?
→皆さんはタクシーに乗る時ってだいたい何円くらい払いますか?
俺は1000円台が殆ど
2000円とか乗ると相当な贅沢しちゃった感じでした

その感覚で考えると、タクシーで稼ぐって相当かったるいんじゃね?
なんて思ってました

これの答え合わせは


何万円も使う人、結構いる

です

さすがに2〜3万円となるとかなりレアですが

1万円台の利用者ってのは結構多いです

1万円くらいなら近場のビジネスホテルでも泊まるか?
いや、やっぱ家に帰った方が落ち着くよなあ
みたいな心理が働く
こんな人も多いのかもしれません

あとは経費で落ちる層、チケットを会社から渡されてる層
こういう方々はいわゆる役員クラスで

ハイヤーだと大袈裟だけどタクシーならば

みたいな感じのようです

また、そういう会社にとって重要な人物が電車通勤でトラブル
(喧嘩・痴漢冤罪 など)
に巻き込まれるリスクを避けて欲しいから

お願いですからタクシー使ってくださいと会社から言われている

みたいな事もあるそうです
※お客様談


・タクシー運転手は恐い
→これも人それぞれですが、まあ恐い人は実際多いかもしれません
ただ、乗り場とかでタバコ吸いながら話しかけると気さくに返してくれる人も多いです

これに関しては俺もそっち側な気がするんですが、運転中はアドレナリン出てる人が多いのかもしれませんね 笑

それだけ本気で仕事に取り組んでるんだとプラスに、そして自分を擁護させて頂きます

ま、そのアドレナリンも程々にしないと危険な運転になりかねませんので気をつけないといけませんね




更新の励みになりますので以下のランキングバナーをポチっとしてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

東京都の有名大手タクシー 無料転職支援サービス【タクQ】

スポンサードリンク

コメント

同感します

トイレなどで同業者を見ると普通なおじさんばかりですが、仕事中はアドレナリン出ているんだな、と思う事は多々あります。私も理不尽な事は嫌いなので怒鳴りに行く事もたまにありましたが、今は控えています(笑)

Re:タクシー業界に入る前の疑問

私には、
「この業界は絶対に入りたくない」
その中の一つが
<タクシードライバー>
です。
それならば
「何故に入ったのか。」
それは、人の縁によるお誘いですね。
「とりあえず、この仕事をしている間に就活しよう。」
と思いつつも既にこんな年齢になりました。

今では、ご指名もいただき無理せずに乗務しております。
これからも
「体の続く限りハンドルを握るつもりです。」

桜が大好きさんへ

コメントありがとうございます

やはり仕事中はボルテージ上がってるってところはありますよね
俺も同じく理不尽な事には納得いかない性格ですが気をつけるようにしてます

ゴマちゃんへ

コメントありがとうございます

人との縁は大切にしたいものですよね

No title

>額面で62万
凄いですね!バスはボーナスでもそんな貰えませんよ。タクシーと違ってお客を乗せても乗せなくても給料変わらない代わりに、低く安定してます(笑)

ささ さんへ

コメントありがとうございます

まあ、ただその一度だけですからね
安定感あるという事も大切な事ですからね
この仕事はかなり不安定なところもあります

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな44歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク