記事一覧

同期のサクラを観て思う

ドラマなんて滅多に見ない俺が完全にハマっております


https://www.ntv.co.jp/sakura2019/

俺はこういう面白いなー

と思った時は脚本は誰が描いてるのかな?

と、気になってしまうんです

遊川和彦

という方が描いてるようです

GTOとか家政婦のミタとか女王の教室とかもこの方の作品のようです

冒頭にも書いたように、あまり映画もドラマもアニメも見ないんです俺は

が、たまーにこういう何となく見たドラマとかにハマってしまうんですよね

要は食わず嫌いなんでしょう


同期のサクラは大手ゼネコンに入社した若者の話なんですが

俺もそういえば最初に入社した会社は大手では無いけれど建設会社でした

現場施工

つまりは、現場監督見習い

みたいな感じで

今思えば笑える話なんですけれど

その会社は1日も出社する事なく倒産

入社式前日に会社から電話がかかって来て


『明日の入社式ですが、延期になりました』


当時、社会のイロハのイも分かってなかったクソガキでしたので


ほーん、そんな事あるのね

ま、いっか、暫く遊べるし

なんて思ったものです

が、さすがにおかしいと両親が言うので学校経由で会社に確認したら倒産


で、大手の建設会社が吸収したので

晴れて、学校ではパチンコ・パチスロばかりやってた遊び人が
大手建設会社の正社員
という社会人デビューを果たしたのです

ま、こんな事はどうでも良いのですが

この同期のサクラというドラマを観てて思うのが

ちょっとクサイ言葉ですが

やはり仲間って良いよな

って思います


主人公のサクラは

変わり者だけど、嘘がつけず真っ直ぐな性格

周りの同期は良くいえば賢い

色々な事を譲歩して諦めて

そうやって行くのが社会人だと考えていたけれど

サクラに感化されて考えを改めていく


俺は今日放映された話の

土井くん

に似てます

コミュニケーション能力が低く

失敗は他責にして

周りからの声を遮断して

そんな人間です

なのでサラリーマン時代は職場でも浮いてたし苦痛で仕方なかった

まあ、これは今でもそうなんですけどね

環境を変えただけで本質は何も変わってない


人からの助言や叱責から逃げまくってると俺みたいな人間になってしまうんだろう
要は素直な方が良いんでしょうね
集団生活をする上では


同期のサクラを観ていると

色々と、あの時はこうしておけば良かった

あれが悪かったんだな俺は

みたいな想いが込み上げてきます


自分でもいつからなのか良く分からないけれど仲間だとか友達だとか

バカらしい、1人最高じゃん

って人間になってしまった

それ故に今の仕事は非常に居心地は良いんですけどね


ドラマの良さを書こうとしたら、なんか自己嫌悪するほど過去を悔いる展開になってしまいましたが

もう少し人とコミュニケーション取れる人間にならねばなぁと

また、そういう忠告を素直に聞き入れる余裕が無いといかんなぁ

なんて思います




更新の励みになりますので以下のランキングバナーをポチっとしてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

東京都の有名大手タクシー 無料転職支援サービス【タクQ】

スポンサードリンク

コメント

Re:同期のサクラ

私は、TVドラマは、あまり見ません。
連続物で唯一みているのが、NHKの朝ドラ。
そもそも、この稼業をしていると、TVをじっくりと見る時間が取れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな44歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク