記事一覧

タクシー運転手に『儲かりまっか?』と聞いてみよう

夜のタクシー

サラリーマン風な男性が乗って

タクシー運転手に

『どうですか?最近は?』

なんて聞く

何となく想像出来る一コマですよね


かくいうこの俺もサラリーマン時代に

ちょいちょいタクシーに乗って

この質問をしていたような気がします


その時の運転手の答え


『いやー、全然ダメですよー、昔は良かったんですけどね〜』

ほぼ100パーこの答えだったように思える



しかし、よくよく考えると

小泉内閣で規制緩和する前だったら

いくらバブルがはじけたとは言っても

そこそこは稼げていたのではないかと思う

当時のタクシー会社というのは今のようにコンプライアンスがどうたら

みたいにうるさくなくて

かなりメチャクチャだったようです

隔勤で昼に帰って来て

少し昼寝して

また夕方から乗ってきまーす

なんて事も普通にあったとか
(飲み屋で知り合った年配タクシー運転手談)

そんなもんだから稼ぎも今とは比べ物にならず

ン百万の手取りとかだったタクシー運転手は多かったようです


当時タクシー運転手と言えば

何かしらで大きな借金を背負った人が

『仕方ねぇ、暫くタクシーの運ちゃんでもやるか…』

ってものだったとも聞いた事がある

つまり、稼げる仕事

という認識だったようですね

当時も現在も社会的地位で言うと…

ですが


当時ほどでは無いですが

現在でも稼げる仕事

という点では中々では無いでしょうか

そりゃ、年収1000万とかは個人タクシーさんでも無い限り無理でしょうけれど

700〜800万くらいならばいける仕事です
※これくらいが稼げる仕事と呼ぶかどうかは人それぞれでしょうけれど


さて、それなりに稼げるこの仕事

なのに、なんで

『儲かりますか?』

の質問に

『いやー、全然ですよ』

と、返す運転手が多いのか



ここからは自身の経験と、憶測です
悪しからず


俺自身も良くこの質問は受けます

んで、特に最初の頃はこう答えてました


『これが案外稼げるんですよ、額面で50〜60万の運転手なら結構多いですよ』

こんな感じ

事実、こんな俺でも額面50、手取り40くらいは13出番乗れば狙えますからね

また、周りにもこれくらいの人は多かったし、個人やってる人ならもっと貰えてるって話も聞いていた

当時の俺はもっともっと稼げるぞ!
高みを目指すぞ!

というヤル気にも満ちていたから、こういう返しをしたんだと思います


で、こういう返しをした結果


へー!

と、驚かれた後

ほぼ必ず車内はシーン…とする


そんな稼げるなら俺もやりたい!!
もっと教えてくれ!

と、なった事が無い


そっち(お客さん)が聞いて来たから答えたのになぁ…

と、当時は思っていた



自分がサラリーマンだった頃

呑んで、帰る時にタクシーへ

で、同じ質問をしてた頃の俺

何でタクシー運転手へ

『儲かる?』

って聞いてたのかなー?

と、思い出しながら考えてみた


優越感


これなんだと思う

つまり、俺はタクシー運転手をバカにしてた
下に見ていた

『俺は仕事帰りに酒飲んでタクシーで帰れるくらいの経済力はあるんだぞ!お前には無理だろう』

と、誰かに誇示したかったんだと思う
アホな話です

ただ、そういう人は世の中結構多いのではなかろうか?

姉ちゃんの居る店で自慢して
タクシー運転手へも自慢して

自慢にもならないんだけどね俺の場合は


そうしてないと自我が保てない

そんな人間


俺はそんな人間だったんだと思う


仮に当時のタクシー運転手が
初期の頃の俺みたいにマジレスしてたらどうだろう


『んだよ!タクシー運ちゃんの分際でそんな稼げるのかよ!ムカつくわ〜』

と、気分良くは無くなっていたに違いない


この仕事はお客さんが気分良くお支払いしてくれるところまでが仕事

お客さんを不快にして良い事は何もない


まあ、タクシーに限らず

誰がいかほど稼いでるのか?
って話は嫉妬を生みますからね
気にはなるけど


聞かない、言わない

これが正しいんだと思う

まして、我々のようなタクドラは


『いやー、全然ダメですよ〜泣 (すかさずお客さんへ)お客さんは差し支え無ければお仕事は何関連ですか??(酔客ならば)随分ご機嫌ですねー、いやー羨ましい!あやかりたい!』

くらい言っておいた方が無難でしょうね
※↑までへり下る必要も無いがw


大抵の人は話を聞くより

自分の話を聞いて欲しい

ってスタンスで来るので、こちらに対する質問(最近儲かる?)ってのは

『自分が話したいんや!のサイン』

だと俺は思ってます

そのサインを見逃して、こっちがベラベラ話してしまえば

そりゃ静かになっちゃうお客さんも居ますよね


仕事中は聞き役に徹してナンボかなと思います





更新の励みになりますので以下のランキングバナーをポチっとしてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

ドライバー ブログランキングへ

東京都の有名大手タクシー 無料転職支援サービス【タクQ】

スポンサードリンク

コメント

初めて良いこと書いたな いいぞ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:『儲かりまっか?』

私自身が此の業界に入って聞いたのが
「バブル時代は、チップが凄かった」
との不思議な世界が存在したことでした。
その頃の私は、徹夜続きでした。

No title

当方20代後半なので、「儲かる?」より「何でタクシー?」の方が圧倒的に多いですね
一体どんなストーリーを期待してるのでしょうかね

ち1さんへ

お褒め頂きありがとうございます

Noelさんへ

コメントありがとうございます

やはり夢がありますね
俺も目指そうかなー

ゴマちゃんへ

コメントありがとうございます

バブル期の話は羨ましいですよね

ooさんへ

コメントありがとうございます

まあ、色々あって流れ着くのがタクシーですからね

儲かりまっか?

「ぼちぼちでんな」が定番の返しですね(笑)

 広島時代に「儲かりまっか?」と聞かれて正直に「ダメですね」と答えたら客が怒りだしました(笑)

 「そういう時は、ぼちぼちでんな、と返すのが常識だ!」と。

 こちとらチャキチャキの広島っ子ですから、そんなの知りません。

 「非常識なタクドラだ!」と説教しだしまして。

 まだ若かったし、広島にはタクセンないから(笑)、「うるせーんだよ!ここは広島なんだよ!そういうごっこは大阪へ帰ってやれや!」と説教を止めさせました。

 これはレアケースですけどね(笑)

 そういうことを聞いてくるリーマンの中には、素朴な疑問として聞いてくる人もいて。

 なので、相手の口調から見下したいシンドロームリーマンと判定したなら「儲かってますよ?そうでなけりゃ夜通し走りませんよ(笑)」なんて答えます(笑)

 勿論、ロングの「お客様」にはそんな事言いません(笑)

 

くろねこさんへ

コメントありがとうございます

やっぱ、ぼちぼちでんな
ですね 笑

まあ、儲かるかどうかの質問には
厳しいっすねー
に統一しときます俺は

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しば

Author:しば
麻雀と広島東洋カープが好きな44歳
広島県出身の東京育ち
でも東京の道はサッパリ分からんちん

建設関係の学校を出て現場施工管理の修行するも現場の寝泊りの連続に疲れて離脱。
落ち着こうとホテルマンになるも5年ほどでIT業界に転職。
キーボードにすら触れた事が無かったけれどお金が良かったので。
10年ほどITドカタとして派遣先を転々とするも、元来興味の無い業界に限界を感じて出社拒否気味に。。。

最初は収入は少ないかもしれないけど、長く続けられる仕事をせねば家族を養えないと
タクシー業界への転職を決意。

redcarp.helmet@gmail.com

スポンサーリンク